新着Pick
80Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SpaceXとBlue Originは二大巨頭として語られがちですがNASAとの距離感では全く異なるアプローチとってきました。SpaceXは国際宇宙ステーションへの物資・人員輸送のためのロケット&宇宙船開発をNASAと共にすすめて、その輸送サービスも受注してます。これは官から民への象徴的な成功事例というだけでなくて、SpaceXにとっては(NASAが過去にスペースシャトル等で培ってきた)人を輸送をするための各種技術獲得のためにも大きなステップでした。そういう意味でSpaceXは民間企業の雄として語られますが、NASAなど政府機関との協業や契約をうまくやってきてるのが実態です。
他方で、Blue OriginはNASAとは距離を置いてジェフベゾスの自己資金でここまでやってきて、目立った協業や契約はほぼありませんでした。先日の100kmまでの宇宙旅行などは最初から民需を狙ったものです。他方、月を目指すとなると、やはり最初の大きな顧客はNASAなどの政府機関であることも事実ですし、そこが見えてこないと民需をとることも難しい。そうした観点もあるのでNASAとの契約などが重要になってきていると思います。
ちなみに、Blue Originが自らの潜在顧客であるNASAを訴えるなんて!と思うかもしれませんが、SpaceXもかつて米空軍の衛星打ち上げ契約が一部企業に占有されていることを理由に潜在顧客の米空軍を訴えたことがあったはず。今では米空軍はSpaceXの重要顧客になっています。
これ、もう訳わかんないです。入札で負けたのに文句を言い続け裁判まで起こす。

たしかにSpaceX一社の選定は僕も驚きでしたし、不安がないわけでは決してありません。それは以前に書いた通り。でも、国を提訴するというBOの行動は、BO以外の誰の利益にも一切ならない。これでSpaceXによる月着陸用Starshipの契約がさらに遅れ、アルテミス計画自体も遅れる可能性があります。Blue Originは自社の利益のためならば、ライバル企業だけではなく、アメリカ全体、人類全体の宇宙開発に遅延をもたらしてもいいと思っていると思われるでしょう。ぶっちゃけ、宇宙業界でBOの行動を支持する人は少ないでしょう。(強引さ、ともすれば傲慢さはあるけど)着実に結果を出しているSpaceXが信頼されるのは当然です。ってかベゾスさん入札額をはるかに上回る資産を持っているんだから、他社の妨害をする暇があったら自己資金でやれや、と多くの人は言葉にせずとも思っているでしょう。民間の宇宙開発は健全な競争のもとに行われてこそ利益があるわけで、こうやって他者の足を引っ張るプレーヤーがいては全体の利益が損なわれます。

ちなみに、Blue Originのエンジニア(を名乗る人)も会社の方針に不支持を表明しています。曰く、BOの職員の大部分は会社のPR戦略を支持していない、と。
https://www.reddit.com/r/BlueOrigin/comments/p5k0zl/we_are_not_like_this/

追記 そういえば、以前うちにいてBOに転職した元同僚が、今度はSpaceXに移るとFBで知りました。アメリカでは企業が失注したら人材はすぐに受注した会社に流れていくわけです。そういう焦りもBOにはあるのでしょう。
大変なことになってきた。。。Blue Originはどういう思惑で提訴に至ったのだろうか。自分の浅い経験ではあるが、米国では、何か問題があるのなら声に出して表明し、何等かのアクションを取らない。極論ではあるが、問題があることを言わないほうが悪い(後から言っても手遅れ)みたいな雰囲気があるので、そういう文化、ということなのか。
ジェフ・ベゾスは自ら20億ドルだしても月面着陸機の契約を取りたいと考えているようだが、NASAが契約しないなら自分で作ればいいのに。訴訟に持ち込み、契約を止めることでアルテミス計画の足を引っ張ることが目的なのだろうか。
Blue Originがアルテミス計画の委託先選択をめぐり、SpaceXだけが選定されたことを不当だとしてNASAを提訴。NASAはSpaceXだけではなくBlue Originも含め2社が選定されると予想されていたところもあった。
いくらJeffと言えども、これは完全な無理筋です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません