新着Pick

ダークモード「スマホのバッテリーを長持ちさせる」は本当か?

ライフハッカー[日本版]
意外にも、ダークモードがスマホのバッテリー寿命に与える影響は少ないそうです。今回はその理由をご紹介します。
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バッテリーよりもOLED(有機EL)の宿命である画面焼き付き防止のために、ダークモード嫌いだけどダークモード利用しています。OLEDの方は気をつけてください。
OLEDは画素単位で発光をコントロールするので、理論的にはダークモードにして輝度を抑えたほうが消費電力は減り、LCDは常にバックライトが光っているところにカラーフィルターで色を再現させるだけだから特に変わらない。

というのが、理論的な話だけど、対して差がないってことかしら……。
調査結果だけ見るなら「本当」ですね。
一般的には大差ない評価であっても、色を変えるだけで3%〜9%改善というのは、普通に考えたら凄いことなのだと思います。(OLEDの特性だとしても)

消費電力は、処理にかかる負荷でも変動する。
MMOなどの処理の負荷が高いゲーム、バックグラウンド処理など、ディスプレイ以外の電力消費も合わせて考えた方が良いかも。
ソフトウエア開発し出した頃、画面はダークモードの一択。
途中、MIFESという青い背景に慣れたこともありますが、これもダークモードの一種。

10年くらいするとVisual Studioというマイクロソフトの 統合開発環境に引っ越ししてきました。明るい背景でのプログラミング世界。

眩しくて、嫌悪感たっぷりでした。。が、プログラマーたる者、謙遜さや慎みが求められますので、明るいまま、慣れることにしました。

以降20年くらい明るいモードを使ってます。スマホも。
今となっては、明るいモード、良いですよ。

バッテリーの観点は勉強になりますが、最後は好みの問題ですね。
UXとしては、カスタマイズ機能が公開されてるデザインは好感が持てます。
ダークモードは電子書籍が読みやすくなるので愛用しています。この記事を読むまで、バッテリー観点を気にしたことは無かったです。
効果はそれほど大きなものではないかもしれませんが、効果があることは間違いなさそうです。
バッテリやケーブルを持ち歩く方が効率的でしょうか
荷物が増えて困りますが
仕方ないですね
OLED(有機EL)の画面焼き付き防止の為にダークモード選択!