新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近話題の墨田区のワクチン接種成功の裏側。
いくつかの想定と準備をしておいて、いざ方向がわかったときには実行に移すだけ、という、言われてみると当たり前だけど、今の日本で殆どの組織ができていないことを、綺麗に実現していて、読んでいるだけで心強くなる。
墨田区の都立墨東病院も、下記のような状況になってしまった。
墨田区の体制でも、厳しいのか…

https://twitter.com/junsasakimdt/status/1426402098216726535
"東京城東地域の救命医療の最後の砦、都立墨東病院はICU稼働率100%に。
東京都が確保した在宅コロナ患者のための酸素濃縮器500台も早くも枯渇。

現在、都民の500人に一人がコロナ療養中。
都内は他県ナンバーの車が増えてますが、ここはパンデミック被災地。ウイルスを持ち帰らないよう慎重な行動を。"
墨田区のワクチン接種がなぜ速く進んだのか。危機の際の意思決定のあり方として多くの自治体の参考になると思います。
不確定要素が大きい中で、フレキシブルなロジスティクスが重要ということがよくわかります。
墨田区の興味深い事例.読んでいてとても面白かったです.もちろん,それだけではなく,今後の政策に活かせる内容だと思います.
墨田区、素晴らし過ぎて、本当に涙が出てきた。そう、新型コロナウイルスは警戒レベル5の最大級の災害。そのように捉えることがまず第一に必要なスタンス。
江川紹子さんのこの記事は興味深い。墨田区は水による被害が起こりやすい為に普段からの危機管理が優れていて、ワクチン接種が速やかに行われ、しかも若い世代の接種も早かった。区民の災害時の地域での助け合いの意識も極めて高かったと言う事だ。
「区、地元医師会、住民、議会などが”危機モード”を共有できた」。全国のモデルとすべき取組を深く掘り下げた江川紹子さんの記事。
"接種の加速には、ファイザー以外のワクチンも必要になると考え、事前準備をしていた"
素晴らしいの一言です。今からでも改善できることが残っている自治体は見習うべきです。
"墨田区の特徴の1つは、ワクチン接種券の配布が早かったことだ。高齢者施設の接種に目処がつき、一般の高齢者の接種が始まったのは5月10日だった。だが65歳以上の区民の接種券は、2か月近く早い4月1日には発送していた。そして6月1日には、都内で最も早く、16~64歳の全ての区民に発送を行った。"
"キャンセルが出た場合は、区の危機管理Twitterやメールで区民に告知して希望者を区役所に集め、”小分け隊”が余ったワクチンを回収、西塚さんら保健所の医師が接種した。"
"住民の声を聞く中で、若い世代の接種を進めるには、夜間、駅の近くで行う必要があると分かった。そこで、6月末から東京スカイツリーに隣接するビル、JR錦糸町駅と両国駅近くのホテルにも接種会場を設置。平日は午後8時まで、さらに土日祝日にも接種を行えるようにした。スカイツリー会場には託児所も設けた。"
"2回分を確保しないと1回目の予約をとれない、という自治体が予約を停止している中、墨田区では西塚保健所長が「在庫は出し惜しみせず、ペースを落とさずに予約や接種を進めて下さい」と、現場に檄を飛ばした。"
"国や都の対応を言い訳にせず、資源にニーズを合わせるのではなく、ニーズに資源を合わせるんです"