新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おおお、いいですね。
JALが春秋航空を子会社化したのも良い手だと思いました。

コロナ禍で海外出張ニーズは、ゼロにならないものの、オンラインでの会議などに一部は置き換わり、100%は戻らない可能性もあります。
中国本土なら時差も1時間なので、オンライン会議もラクです。

しかし、旅行はリアルでないとなかなか価値がないし、コロナ禍脱出の後はまた、中国からの旅行者は増え続けます。となると、中国のLCC的な存在である、春秋航空は旅行者を運ぶのに適しています。

また、コロナ禍前の中国便は羽田、成田、関空、中部など、主要4空港に集中してましたが、春秋航空では、多様な地方空港に飛ぶことを期待しています。
多くの人が日本へ行きたがっています。
私も愛用のシャンプー、胃薬、みそ汁の元などとくになくなっています。二つのトランクを持って買い物に行きたいと思います。
それよりも二年ぶりに知人友人と大酒を飲みたいです。

業績