新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
元の数字をちゃんと見て自分で解釈することの必要さが分かる代表例のような記事ですね。。。

少なくとも「論理的」にみると、コロナと結びつけて考えるのは結構難しいです。


実際の販売台数の推移を見てみましょう。
https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2106/07/news130.html


コロナに関係なく過去5年以上、毎年数千台ずつの増加傾向。
このトレンドがコロナで何か変わったわけではないです。

記事ではとある会社の「2割増」が強調されてますが、全体統計では前年比106.7%。これもそれより前の平均と変わりません。

私の紹介したITMediaはファクトのみを伝え、そこに特に原因分析はしていない、とてもニュートラルかつ正しい内容。

要は、「コロナ禍でもキャンピングカー市場は特段影響を受けなかった」とするのが正しい。


ただし、「普通車などの新車台数が大幅減」などの比較材料を提示できるのであれば、コロナで伸びた、と言えなくもないです。

日本のメディアの統計解釈は本当にひどい時が時々あるので、自ら数字を見て考える癖は必須ですね。
記事にもあるようにハイエースをベースにした500万円台のものがかなり売れているとのこと。サイズ的にもこの辺りが売れ筋のようです。少し前は軽を利用したものが人気でしたが、キャンピングカーを買いたいと思う消費者の傾向が変わってきたことも売れ筋の変化につながっていると思います。
マガジンx8月号でも書きましたが、ブームとともにトラブルも増えています。特にタイヤのバーストに注意しましょう。耐荷重を考えずに荷物を積み過ぎて、高速道路での走行中に思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。タイヤの空気圧は冷温時に指定空気圧より高めに入れておくのがトラブル防止になります。
僭越ながら我が家も先週キャンピングカー納車されました。

トイファクトリー社さんのバーデンです。
ほぼ家ですし、オフィスです。
居心地良いので最高です。
今回の豪雨みたいな緊急時も活躍しそうですし欲しいかもですね。普段の駐車場が大変なので維持費はかかりそうですが。。
ちょっと欲しい。でもどうせ買うならキャンプって言うか家として買うだろうなぁ。次の賃貸更新のタイミングで引っ越すなら一度キャンピングカーとか、ホテル暮らしとか挟みたい。リモートワークが続いてたら簡単にそれが出来るよな、と。まあもう無理な気はしますけどね、ワクチン接種進めば世論がどっかでひっくり返るし、日本人は対面ワークからは簡単に離れられないし。
同じ「キャンピングカー」でも、道路事情、車庫事情、文化が違うため、米国と日本では、求められるものが大きく異りますよね。

これまでは、米国製のキャンピングカーの輸入ものが多かったと思いますが、最近では、国産のキャンピングカーもでてきたことが人気の原因だと思います。

現状は「米国仕様を日本仕様に変えた」という進化ですが、次は「クリーン電源、高速ネット接続」などの、「グリーン化、IT化」の進化が進むのでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません