新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
340万人の男余りというとさぞ若い未婚男性が多いと勘違いしがちですが、この余っている未婚男の半分はもう40代以上のおじさんです。正確にいえば「未婚おじさん余り」現象です。
日本に限らず、全世界に共通する問題となっています。
当然と言えば、当然の結果ですよね。

・長きにわたり男児の死亡率が高く、戦争でも男性が死ぬ確率が高かった結果、男性の生まれる確率も高くなっている

・平和な時代で、医療の発達によって男児の乳児死亡率も下がった結果、340万人の未婚男性には相手がいない

・平和で医療が受けられる国であれば、どこでも似たような状態
大学などで男子学生相手に話をするときに、「ちょっとうつむいて両側の人を見てください。その3人のうちの1人が離婚します。」「大事なことを言い忘れていました。男性の4人に1人は50歳時点で未婚です。」「なので男性が4人いると、結婚しないのが1人、離婚するのが1人、結婚して離婚しないのは2人になります。」と伝えて、離婚についてもリアリティを持ってもらうよう意識しています。

女子大ヴァージョンもあって、7人のうちの1人が50歳時未婚。残り6人のうちの2人が離婚です。婚姻件数分の離婚件数は23年連続で3割を越え、2010年代は一貫して3割5分です。厳密には複数回離婚する人もいますから、正確ではありませんが、だいたいのイメージとしては間違いではありません。
『自由恋愛という名の自己責任』今の仕事の仕方にも似通ってますが、自由であることには、責任が伴う
#キャリアコンサルタント
結婚したら時間を自分の使いたいように使えなくなるのでまだしたくないです。25歳です。
40歳から49歳の男性の未婚人口が約250万人ってとんでもない人数ですね。

この世代は第二次ベビーブームのレンジですが、成人したときにバブル経済崩壊で就職氷河期と失われた20年を生きてきた世代で、経済的問題もあると以前別の分析記事を読んだことがあります。

このままでは30年後に後期高齢者で独身男女による新しい社会問題が懸念されそうです。
一妻多夫制を検討せんといかん。