新着Pick

ファーウェイの独自「Harmony OS2」、ユーザー数5千万人超に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
47Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「HarmonyOS」は2019年8月に発表されたファーウェイ独自のOSです。
開発の背景としては、米国政府による制裁を受け、さまざまな米国製品を利用できない環境に同社は陥っており、それを打開するためです。

当初はIoTデバイスに適したプラットフォームとして登場しましたが、その段階からスマートフォンへの展開も視野に入れていました。

そして2020年9月には、開発者会議においてHarmonyOS 2の開発者向けバージョンが公開され、2021年にいよいよ正式にHarmonyOSがスマートフォンで活用されることになりました。

そのHarmonyOSがうたう大きな特徴のひとつは、スマートフォンだけではなく、スマートウォッチやワイヤレスイヤホンなどのウェアラブルデバイスや、タブレット、モニターと、スペックや用途、形状が異なる製品群でも「共通のソフトウェアプラットフォーム」として動作するという点です。

例えば、スマートフォンで通話しながら、クルマに乗り込むと、車載デバイスに切り替わって通話を続けられたり、
同じようにビデオ会議もスマートフォンからパソコンへ切り替えて続ける、といった体験ができます。
伊藤計劃「ハーモニー」 https://amzn.to/3jROJkq が浮かんでしまって...
日本だとLINEがAppGalleryへの掲載を終了して、APKの配布にしている。
中国の件が理由なのかは分かりませんが、同じような事例が続くと中国以外では厳しいですね。
中国で使ってもらうならHarmonyOSで使えるアプリが必須ですね!
ユーザー数も大事ですが、デベロッパーと、パートナー企業の数も大事ですね。デベロッパーが、120万人を超えたというのは、朗報です。

(以下、記事中から引用)
鴻蒙エコシステムの開発者は120万人、エコシステムに参加するパートナー企業は300社を超えた。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません