新着Pick
2906Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最後に画像の話が出ているので、それについてひとこと。

PowerPointをつかってWordに貼る図面を作ったり、もしくは別のPowerPointページで作った画像を拡大・縮小して新しいページに張ったりすることはありませんか?その際、JPG/PNG/BMPなどの形式で保存したり貼り付けたりする人があまりにも多いです。このせいで、品質の悪い画像になってしまっています。これは画像を専門にする人でも知らない人が結構いて、知っていると知らないのとでは大違いなのでぜひ多くの人に知っていただきたいです。

画像の形式には大きく分けて2つあります

・ラスタ形式(JPG/PNG/BMPなど):ピクセル(点)ごとに色を指定する表現方法。なので、拡大・縮小したりすると色の再計算を行わなくてはならなくなり、直線などの構造を考慮することはないのでギザギザになったりボケたりする。更に言うとJPGには不可逆的変換がかかっていて元の情報が失われている。これを扱う代表的ソフトはPhotoshop。

・ベクトル形式(WMF/EMF/EPS/SVG):「この点からこの点まで直線を引く」などの描画情報を保存している画像形式。拡大・縮小してもラスタ形式のような問題が起きない。ただ、イラストのような画像が得意で、自然画像のような画像表現は不得意。これを扱う代表的ソフトはIllustrator。

PowerPointなどで作成した図をきれいに貼りたいと思ったら
・一旦画像として保存するならベクトル形式で。
・そのまま別の資料にコピペするときにはWindowsのOfficeだったら「ホーム」→「貼り付け」→「形式を指定して貼り付け」→SVGもしくは拡張メタファイルを選択。
とすると、表示・印刷のときの品質が悪くなりません。

さらに、ベクトル形式で保存されていればフォント設定だけを変えたいとか、矢印の位置や太さを再編集したいということも可能です。例えばPowerPointであれば図を右クリックして「図の編集」とすると再度PowerPointで編集できる形式に変換されます。
今の仕事では行政の資料に触れることが多いが、とにかく文字がぎっしりだし、一つ一つの文章に修飾語が多くて長い。当然ビジュアルについては一切配慮がない。
結局相手に伝えるための資料ではなく、どこまでも「記録」なのだと、つくづく思うと読む気が失せます。

人に「伝える」「伝わる」ためには、互いの認識に相違が生じないようにシンプルなメッセージの方がいい。直感的に伝わるにはデザインの助けが必要だし。そしてシンプルなメッセージにするためには、余計な修飾語を削ぎ落とし、伝えることの「ど真ん中」を捉えなければならない。

本記事で伝えていることは、単なるテクニックではなく、コミュニケーションにおける本質的なことだなぁと感じてます。
コンサルファーム時代に口をすっぱくして言われたのが『スライドに載せるものすべてに意味がある』ということ。

この線を入れた意味は?
なぜこの文章、この文字の色を変えたの?
この絵の意味は?
なぜここにこの絵を置くの?

そんな中の一つがまさにこの記事のテーマの絵の使い方だと思います。ビジュアル的に伝えるには最適ですが、シンプルに使わないと単なるノイズになるだけなので、使い方にいつも神経を使います。
メッセージにつながらない情報はそぎ落とす。
画像に限らず、メッセージを明確にすることがどれだけ重要かということ。またメッセージへのロジックをシンプルにすることも重要。

シンプルでも2種類あると思って、捨象しすぎて色々なツッコミに耐えられない「なんちゃってシンプル」。もう一個は構造的に正しい「考えこまれているシンプル」。
世の中複雑だからこそ、シンプルにするのは難しいし、必ずシンプルにする必要はないと思う。ただ伝えるときには、メッセージの受け手が咀嚼可能であるレベルにシンプルにする必要がある。なので相手によってどれくらいシンプルであるべきかは変わるが、どんな場合でも構造的に考えこまれているシンプルになっているかは意識したい。
メタボな資料で一番思い付くのは、官公庁の資料。。
すみからすみまで、文字だらけのあれ!(笑)

いつまでも変わらないので、ある種お家芸と思って見ることにしてますが、霞が関の資料を、なんとかもう少しスタイリッシュにしてあげてほしいです。
画像はトリミングや大きさによって意味が変わることがあります。美術館はバランスを考える上でとても勉強になる場所です。
提案資料を作成するビジネスパーソンにオススメです。
文字の多いスライドは、プロフェッショナルファームの方でも陥りやすいと思います。
なんでこのフォント使ってるの?
このフォントが好きなの?
なんで半角にしてるの?

そんな質問を部下が作る資料に対して質問すると、「特にこだわってそうしたわけではない」の回答が多数。
たかがフォント、されどフォント。
たかが画像、されど画像。

伝えようとする努力があるか無いか。
読みやすさ、伝わりやすさは、見せる相手を想定して「考え」なければならないが、やっていない人が多い。
自分で資料作る時、画像選択など特にアンコンシャスバイアスかかる(ここでこの画像を入れたら分かりやすいはず、みたいな)ことが多いので、無関係の友人に見てもらってフランクな意見もらうようにしてますthx.
意外に知らなかった事も多く、無料のアイコンサイトは初めて知るサイトもあり、ぜひ記事一読をおすすめ。
"必要最低限の画像を使う"というのはシンプルな教えでいて、実はとても難しい。常に意識してやらないと身に付かないので、この様な記事を通して内省できる事は有り難い。
この連載について
ビジネス資料に必須の要素は「わかりやすさ」です。どんなに美しく、クールな見た目でも、わかりにくい資料に価値はありません。そして、わかりやすい資料のデザインに必要なのは、「センス」じゃなくて「ロジック」です。
シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION)は、日本・大阪府堺市に本社を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業(フォックスコングループ)傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
8,439 億円

業績