新着Pick

30歳官僚が和歌山に出向して見つけた「教科書では分からないこと」

Business Insider Japan
※この記事は2021年8月13日初出の記事の再掲です。 「霞が関で働く官僚こそ、地方の魅力と課題を知るべきだと思っています」 総務省のキャリア官僚で、現在は和歌山県庁に出向中の桐明祐治さん(30)はそう話す。 桐明さんは2021年秋に、官僚(国家公務員)を対象にしたワーケーションイベントを企画した...
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんか特殊ぽい書き方なんですが、総務省だと地方自治体への出向(異動)は多いかと思います。地方勤務されて本省に戻り、地方でのご経験を政策に活かすことをぜひともしていただきたいと思います。

私は東京生まれ東京育ちで、1年半ほど地方Iターンしてたことありますが、大人になって地方に住むと知見は増えるな、と思います。旅行ではなく暮らすことで知られることは大きい。ワーケーションとかでも同じように感じられるのかはわからないのですが。
国家公務員の皆さんはものすごく大変だと思う。
僕も何年か前に2時過ぎまで仕事してたことあったけど、流石にそれを続けることはできなかった。
さらに帰宅が遅いことの不利なことは、完全に家族とおしゃべりする時間がなくなる。何のために結婚したのか、自問自答したこともあった。
今はなるべく早く帰る事を常に意識しているけど、それでも8時を過ぎると子どもとの会話ができなくなってしまうので、気をつけたい。