新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現地の米国大使館には「まだ1400人が残っている」とあるように、非常に大規模な施設群です。普通に「大使館」といわれてイメージされるような建物ではありません。現在も、常時、米兵650名に防衛されています。
https://www.mwengineers.com/portfolio/us-embassy-afghanistan/
 なぜそこまで巨大かというと、アフガニスタンを実質統治していたためです。憲法をつくり、議会と選挙を整備し、諸々の法案をつくり、軍、警察、学校、医療、インフラ、その他諸々を整備してきました。戦後の日本にあったGHQよりも多くの仕事をする機関といえます。なお、イラクの米国大使館はもっと大規模です。
 2000人以上の移動になりますから、それだけでも大規模ですが、CIAの要員なども含めると、米国人だけでずっと多いでしょう。日本などの同盟国の人間も連れて行かなければなりません。アフガニスタン人でも、対米協力者は、数千人、場合によっては万の規模で受け入れます。
 米軍が使っていた空軍基地はすでにターリバーンの勢力下にあるので使えません。使えるのはカブール国際空港だけです。ターリバーンの部隊は、カブール国際空港から100km以内の範囲にもいくつかいますが、カブール内部に潜伏している要員も含めれば、空港の襲撃くらいはいつでもできます。カブール攻略自体は、まだ1週間以上先でしょう。
 米国としては数千人、場合によって万単位の移動になることを考えれば、できるだけ早く撤退作戦を始めるべきでしょう。
 米国大使館スタッフは、これまでやってきた全てのアフガニスタン統治を引き継いでいくべきなのでしょうが、引き継げるアフガニスタン人がいません。いたとしても、米国に連れて行ってもらうことをひたすら懇願しているでしょう。
 なお、英軍は600名を派遣、カナダも特殊部隊を派遣して、米国と同様の撤退作戦を行います。在カブール日本国大使館は、おそらく米軍に同行させてもらうのでしょう。
アメリカは本格的にアフガンから手を引く。すでにタリバンがカブールに迫っており、大使館員を避難させるほどなのに。トランプ大統領も口では撤退すると言いながら、最終的に踏み切れなかったことをやろうとするのは、退役軍人などの支持をトランプから引き離す効果もあるだろう。
この記事が参考になった。
https://note.com/takeuchi_kazuto/n/n4ad464899888
深夜に海外メディアから一斉にプッシュ通知が来ていたニュース。
「在アフガニスタンの米大使館は12日、アフガンに滞在する米国民に対し即時に国外退避するよう要請した」