新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
組織論に絶対的な正解はない。 企業内での危機感の共有があるのか? グループの全体最適と個社最適のバランスが考えられるのか? 何よりも大切なことは、顧客目線で自分たちが変わらなければならないという信念が持てているか?である。
結局、旧興銀を合併に加えた事がすべての問題の根源にあると思います。リテール経験がないのに、プライドと基礎資質的優秀さで三行合併のリーダーシップを執ったことが主要業務と組織統治実権のバランスを欠き、旧DKB、旧富士の不満を囲う事になってしまいました。そのためいつまでも真の組織融和が進まず、リース会社などの関連会社含めおかしな統治が未だに厳然と残っているわけです。興銀は旧大蔵省の親戚筋でもあり金融庁としても旧興銀幹部の完全排除もできず、扱いに困ってるんじゃないでしょうか。
あくまで一銀行の問題。もちろん業界構造など色んな問題はあるだろうが、金融庁がそこまで力を持ち、意見する構造がそもそもおかしい。もはや銀行は聖域ではなく、潰れるなら潰れればよい存在でしかない。銀行を社会インフラとして扱い、金融庁という大きな利権を持つ監督官庁が存在する。そこが一番おかしい。
規制産業は、業界内競争が穏やかなため、内部闘争してる余裕があって、その影響が各所に出るものと勝手に思ったりしています。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.97 兆円

業績