新着Pick
718Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
都市部の物価に合わせて給与にプレミアムがついていたので、都市部にいないのならそれを失くすと。

グーグルの社員の大半は未だに物価が半端ないシリコンバレーがベースなのでかなりプレミアがついていたということです。SVの物価は1ベッドで家賃40万円、保育園月30万円ですので。

それこそ完全リモートでタイに帰国している社員もいるので、そういった社員に同じプレミアムを払い続けるのはおかしいということだけで、基本給が下がるわけではないと思います。
人気 Picker
本質はこっち。
>在宅勤務のうち、オフィスがある都市に住む場合は給与は削減されず、オフィスから離れたコストが低い場所に住むほど削減額が多くなります。

今後の給与決定の重要なテーマだと思いますよ。地方と都市で物価が違う中で、出社のために都市部に住んで高い家賃を払う人と、地方で(都市部に比して)安い家賃・物価で同じ給与ですかという。
アメリカでは給与は成果に払われてると思っていた皆さん!Googleでは25%以上が物価に対して支払われていた様です。
最大でも給与の25%削減か、グーグルとしてはずいぶん生ぬるいです。
アメリカのグーグルの給与水準についてはあまり情報はないが、中国グーグルの収入は平均の十数倍か数十倍です。25%削減しても普通よりはずっと高いです。
中国の企業はずいぶん在宅勤務が多くなりました。オフェスの面積を減らしたライしています。
そのぶん会社の支出もずいぶん減りましたので、社員の給料には手をつけていません。
アメリカの事情とはかなり違いますが。
当たり前だよね。大都市と地方とじゃ圧倒的に住居費負担が違うのだから。そういう意味では、日本の公務員で地方住みっていうのが最強なんだな。
へ〜っ!意外だな


「グーグル」が、在宅勤務を続ける従業員に対して住む場所に応じて給与を最大で25%削減する方針。フェイスブックやツイッターなども在宅勤務の従業員の給与を削減する方針
ちょっとびっくりですね!

・遠隔地にいる優秀な人材採用
・すでに働いている社員の引っ越し(国外もあるのでは?)

このご時世、リモート推奨とはいえ、住む場所の平等性・公平性を担保するのが非常に難しいです。

もともと、Googleは、オフィスに居るほうが仕事しやすいような環境に300mルールだったり3食無償提供だったりジムだったり、オフィスに来ることを推奨している流れだったとは思います。

シリコンバレーでは週3日出社のハイブリッド勤務な流れになっているなかで、王者Googleのこの動きがどう影響するかは気になりますね。
在宅勤務なのであれば、都市部で高額な生活コストを負担する必要はないのでその分のプレミアムを無くしますよ。という話ですね。

経営的に見れば、至極妥当な話しですが、社員からすると減給のように感じるかもしれませんね。25%というとかなり大きな割合ですが、年単位で在宅勤務になれた人々がどういう選択をするのかは気になりますね。

私の周りの、完全に在宅勤務になった企業の方は、郊外に引っ越されたり、地元に戻られて、QOLが上がったという方も多数おられるので、給料が下がっても在宅という選択肢をとる方は少なくないかもしれませんね。
最初に見出しだけ見た時はあれ?と思ったのですが、内容を見たり、地域によって生活費の違いなどから給与が違うアプローチは今までもあったと考えたら、そうだな、と思いました。これはグローバル企業が各国で雇用する場合も同じなので、在宅勤務というより、住む場所によって給与体系が違うということだと理解しています。在宅勤務で生活費が高いオフィスの近くに住む必要が必ずしもなくなった、社員のオプションが広がったということだと考えています。
グローバル規模ではすでに取り入れられている「物価基準」の給与体系を、米国内でも適用ってことなのかなと思ったんだけど、どうなんだろ。
Pay for Performance は、ボーナスで調整かな?