新着Pick
299Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新卒の頃の上司に、議論の勝者はコミュニケーションの敗者だよと教えられ、確かに仕事をする上でコミュニケーションの敗者になる事は勿体無いなと痛感しました。
『論破』にこだわっている人は、あまり人から共感されたり、信頼されることが少ない。会話してても、同意するより、「いや、〜」と相手を否定する返しが多い。知識があっても、それでは人はついてこない
#キャリアコンサルタント
「相手を論破する」「理論武装して・・」というのは私には「独りよがり」のように思えてなりません。この先、どうなるか? 正解が全く想像もつかない今の世の中で一番大切なことは「課題解決に向けて、みんなの脳みそを使うこと」だと思います。そして「言葉の意味」を同じように捉えていくことが重要であり、それが「対話」につながると考えます。
凄くコーチングっぽい問いかけだなと思いました。
ディスカッションは白黒はっきりさせることではなく、グレーを見つけるが最大価値に繋がると感じます。
グレーを見つけるのに必要なのは論破ではなく、対話であることが多い。改めてそう感じさせられる記事でした。
「論破したがる人は軽率だ」と見事に論破。
関連記事一覧
頭のいい人が「ニコニコしながら主張する」納得の理由、中野信子氏が解説
Diamond Online
85Picks

そもそも「働きやすさ」とは何か〜どんな人がそこにいるかでどんな職場が良いかは変わる〜(曽和利光)
Yahoo!ニュース 個人
23Picks

本当に頭のいい人を一発で見抜くことができる「とっておきの質問フレーズ」 - 「海外って、たとえばどこ?」
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
11Picks

より良い組織づくりを諦めない。その決意を支える「この会社とここで働く人が好き」という想い
talentbook
11Picks

「まずやってみる」を怠る人は会社に残れない - 酒巻久 - 幻冬舎plus
BLOGOS - 最新記事
9Picks

仕事がデキるかどうかは「誰にでもできそうな仕事」にあらわれる
ビジネスジャーナル
9Picks

企業においては「良い多様性」と「悪い多様性」がある〜どんな多様性でも良い結果を生み出すわけではない〜(曽和利光) - 個人
Yahoo!ニュース
4Picks

ダメ出し男、劣等感男は直らない...「人を愛せない」男性の見抜き方
mi-mollet(ミモレ)
3Picks

「なぜ宿題をしなかったの?」そう言って無意識に子供を論破しにかかる親が失っているもの - "偽の疑問文"に潜む恐ろしいリスク
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
3Picks

「週末起業」を絶対に勧めたい、3タイプの人たちとは - 2万人が学んだ「週末起業」塾
Diamond Online
3Picks