新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
詳細は分かりませんが、現場での経験を生かして、医療スタートアップが登場すること、それに資金が回ることは良い方向だと思います。金額が全然少ないような気がしますし、外部の力ももっと活用できるのではと思います。こうしたサービスは海外でもありそうに思うので。
関連記事一覧
認知症領域の課題解決を目指す医療AIスタートアップSplinkが11.2億円調達、脳ドック用AIプログラムの全国普及・拡大推進
TechCrunch Japan
118Picks

この遊具、実は廃プラ。デンマークの医療ごみで作った公園
IDEAS FOR GOOD
15Picks

iPS細胞で犬をはじめ動物再生医療に取り組む、日本大学・慶應義塾大学発「Vetanic」が総額1.5億円を調達
TechCrunch Japan
12Picks

筑波大学発の宇宙領域スタートアップ「ワープスペース」が資金調達、累計調達額が約10億円に
TechCrunch Japan
12Picks

職場や業務プロセスの3Dシミュレーションを活用する企業研修スタートアップAttensiが約28億円調達
TechCrunch Japan
9Picks

線維筋痛症のデジタル治療プログラムがFDAの画期的医療機器指定を取得
TechCrunch Japan
8Picks

AI創薬・AI再生医療スタートアップ「ナレッジパレット」が創薬・再生医療領域の停滞を吹き飛ばす
TechCrunch Japan
7Picks

現場作業員にスマートモバイルアシスタントアプリを提供するYoureka Labsが約9.3億円調達
TechCrunch Japan
7Picks

慶應発の再生医療スタートアップ「セルージョン」が11億円調達、水疱性角膜症に対する再生医療等製品の社会実装加速
TechCrunch Japan
6Picks

再生医療スタートアップU-Factorと慶應義塾大学医学部、幹細胞培養上清液によるドライアイ治療の共同研究開始
TechCrunch Japan
6Picks