新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
誰もが将来的にどうなるかわかりない時代にこの考えは必要です。↓

「これまでの福祉制度は、職を失った人を敗者として扱い、失敗した人と考えているかのようです。しかし、失業は資本主義のプロセスの一部で、補償は失った人生に応じたものでなければなりません」
バナジーは2019年のノーベル経済学賞受賞者ですね。開発経済学の調査から発展途上国と米国の格差構造が酷似していたとのことで、格差問題は国や経済圏を超えて普遍的であることが記事から示唆されています。
つまりこれは日本でも、ということです。
自己責任論の限界と、それを踏まえた政策が世界屈指の経済学者から語られています
関連記事一覧
私だけの「特別」を求めて
note(ノート)
24Picks

ジョディ・フォスター「私が孤独を感じないときはない」 | 「死」と「孤独」を追求する孤高の人
クーリエ・ジャポン
3Picks

語学が苦手で試験に6回も落ちた私が「ノーベル賞」生物学者になるまで - WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か
Diamond Online
3Picks

ノーベル賞学者が激白、この地球の未来を変えるために必要なこととは? - WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か
Diamond Online
2Picks

難民らに「思いやりを」 ノーベル文学賞のグルナ氏
共同通信
2Picks

ノーベル賞学者の言葉に宿る哲学 サイエンス動画
日本経済新聞
1Pick

日本は学歴階級社会?使いがちな「私ができたんだから」
朝日新聞デジタル
1Pick

「移民は地域経済にプラス」「格差拡大はグローバリズムが原因ではない」 常識を覆す「絶望を希望に変える」ノーベル賞受賞経済学者の理論とは? 【【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々
Diamond Online
1Pick

「私は幸運だ」エーザイ共同開発のアルツハイマー薬、最初の患者に投与(ロイター)
Yahoo!ニュース
1Pick

池江璃花子 辞退求める声へ、5つの投稿で複雑な思い吐露「私は何も変えることができない」
デイリースポーツ
1Pick