新着Pick

「健康維持にプロテイン」は逆に体壊す医学的理由

東洋経済オンライン
最近、「プロテイン」や「アミノ酸」といった、タンパク質を補給するためのさまざまな機能性食品が出回っています。テレビでも盛んに宣伝されていますし、関連商品はコンビニでも簡単に購入できます。ちなみにプロ…
188Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
過ぎたるは及ばざるが如し。自分もプロテインを一時飲んでましたが胃もたれするし甘ったるいのでやめました。

ビタミン剤も使わず全て食材から取るようにしていますが、体調も体格もわりと好調です。

肉と野菜とフルーツと発酵食品のバランスを心がけた食習慣であれば、ボディービルダーやアスリートでもない限り大体足りているはずです。
人気 Picker
食事と健康の関係は人類の叡智を持ってしても、まだまだ解明されていないことがたくさんあるんでしょうね。

人類を驚愕させた世界記録を持ち、東京オリンピックでマラソン2連覇を果たしたキプチョゲ選手の栄養管理はアスリートに望ましいとされる食事の常識を大きく覆すものです。

キプチョゲ選手は食事のほとんどが炭水化物、つまりは糖質です。食べている食事を見ると、え!?と疑いたくなるほど、ひたすら炭水化物。タンパク質はほぼゼロ。

で、そのパフォーマンスはどうかと言えば、みなさん、ご存知のとおりです。
プロテイン=たんぱく質です。近年、高たんぱくブームでどこでもプロテイン飲料が手に入るスポーツ選手には便利な世の中になりました。たんぱく質が足りないときにコンビニでサラダチキンやプロテインドリンクが手に入るのは便利な世の中です。

ただ個々でのたんぱく質の設定が出来ておらず、摂れば摂るほどいいと思っている方は多いと思います。たんぱく質は体格や運動量や年齢や目的によって変わってくるので個々で違います。自分の大まかな量を設定できているのが大切です。

僕は180cm75kgの38歳格闘技選手ですが、日に90−100gくらいを目安にしています。内臓の負担にならないでパフォーマンスを維持できる量です。
この手のエビデンスは時に真逆に変わりますので、一般的な食材いがいは怖くて摂取できません。栄養管理が行き届いているアスリートならともかく、一般人なら安易にプロテインに頼らずとも鶏肉とか豆富で十分なはず。

日本人はむしろ炭水化物の摂取を抑制した方が良いと思います。推奨糖質量は70-130g/日、かたやごはん一杯50gですから明らかに過剰。成人なら1日2食とし1食のごはんを豆富に置き換えればかなりの健康増進になるはず。
最近この手の情報が溢れすぎていて、何を信じればいいのかわからなくなってしまいます。

「ドーピングはやめろ」ということでしょうか(笑)
ちょっと衝撃的なタイトルですが、
1. プロテインの摂取後にアミノ酸プールの量がどの程度上昇するか
2. 腎からのアミノ酸排泄により、腎のどの細胞が障害を受けるか
は興味深いところです。

「アミノ酸プールはどんどんあふれ、分解作業を強いられる腎臓に過度な負担がかかりっぱなしになる」とあります。ここでの「分解」はタンパク質の分解を指すと思われますが、教科書的にはタンパク質の分解は肝臓で行われます。腎での分解がどのような仕組みによるかは興味深いところです。

相当な高容量を摂取するなど、かなり特殊な状況でなければ、プロテインによる腎臓の障害の効果は見られないのではないかと主観的に思います。
プロテインの過剰摂取はよくないですが、そうでなければ「健康維持にプロテイン」はいいと思います。

その辺り詳しく説明しない逆張りだけのクソ記事です。
これは嘘です。厚生労働省の食品摂取基準でも、腎機能に影響があるとする研究自体がないので過剰摂取基準を定めない、と結論しています。

タンパク質の過剰摂取の項目を参照のこと
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08517.html
新着記事一覧
ヤクルトがコーチングスタッフ発表 松元ユウイチ作戦コーチ、嶋基宏が兼任コーチ補佐
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

メジャー挑戦の鈴木誠也に元広島ブレイシアが太鼓判「レッドソックスにいても問題なくやれる」【海外の反応】
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

使用するのはボールとグラブだけ メジャーリーガーも毎日取り組む反復練習
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

高木浩之氏、鬼崎裕司氏がライオンズアカデミーのコーチ就任「野球の楽しさを」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

(広島・野手編)2021年プロ野球、各球団の助っ人外国人選手の今季を振り返る メヒア、クロンともに退団決定
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

(広島・投手編)2021年プロ野球、各球団の助っ人外国人選手の今季を振り返る 最速165キロ右腕コルニエルはチーム上位の登板数に
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

阪神・鈴木翔太が引退報告「勝つことの喜びを味わえたのは一生の思い出です」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

トライアウト不参加の主な選手は? 楽天牧田、ロッテ大嶺&松永、西武吉川ら
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

12球団合同トライアウト参加者は33人 多和田真三郎、村田透らがアピールへ
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

新庄監督の申し出を“敢えて辞退” ソフト新リーグに求められる「お、ねだん以上。」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks