新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全面的に反対。
あげだすとキリがないほどに理由はたくさんあるが、まずやる理由がない。

上場が簡単になると言うけれど、日本取引所への上場は難しくない。たいした規模も必要ではなく、それなりの業績があれば足りる。ガバナンスも、決めたことをキチンと当たり前にやればいいだけで、よくわからず難しそうという議論は的を得ない。

それよりも、既存上場企業の淘汰と、中小企業の整理とのセットで新興企業は活気付くので、アプローチとしては目的に対して悪手。

成立するようであれば、堂々と使わせてもらうが、これで得をするのは一部の事業者と一部の投資家になると思われる。
誰でもSPACにアクセスできるようになるのはカオスでしかない。
上場に伴う厳しい審査を経ずに上場できるとありますが、上場会社として金融商品取引法に基づく監査報告書が取得できるレベルの内部統制は必要です。
また、上場準備プロセスの過程で、経営チームがコーポレートガバナンスを理解し、社内に浸透と定着を行うマインドが醸成されるか否かは上場後の企業成長の継続性にも影響すると思います。
選択肢としてのSPACを受け入れる整備は必要だと思うが、それ以前の問題としてIPO目的型のアントレの状況を打開するためにも、非上場株式の取引の間口を広げる検討もすべき。
既存の株式上場プロセスには利益相反リスク等の諸問題があることに加え、諸外国の金融商品取引所との競争を考えると、日本でもSPACの導入検討は当然であると感じられるものの、足もと少し収まりつつあるとはいえ、米国のSPAC狂騒状況をみるにつけ、個人的にはSPACの存在意義というか利用状況に対して違和感を感じています。
「日本の成長力の底上げには、米国のように新興企業が次々と誕生するダイナミズムが必要」という政府及び業界関係者の問題意識には異論はないものの、それを実現するためのアプローチとしては、SPAC以外のやり方がより健全ではないか、そもそも株式上場手段の多様化以前に対応すべきより根本的な問題が多くあるのではないかと考えています。
通常のIPOでガバナンスが発揮されていない企業より、既存の上場企業の方がガバナンスが発揮されていないと思いますし、入口を締めることより入ってから(上場してから)の継続的なモニタリング強化に力を割いた方がSPAC議論としてもよろしいかと思います。
SPACを解禁すればイノベーションが進む、という論理がちょっとよくわかりません
どちらかというと弊害も多いので縮小傾向にあると思うのですが
よりリスクをとりたい人たち向けの仕組みと考えればわかりやすいですね。

その分、リターンもリスクも高いので、そういった特性は日本の文化や価値観との相性はよくないでしょう。

SPACが良いか悪いかという議論ではなく、仕組みとして、どう上手に活かすかということだと考えます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
SPACの議論はもはや半周どころか周回遅れ。直近、米国では投資家が集まらなくてめちゃディスカウントしている事例ばかり。
2ページ目からの国内の反応はわかりやすい。SPACは日本には馴染まないのかなという印象を持ちましたが...