新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
米スタンフォード大による学術誌に載るAI関連の論文の引用実績でも中国が米国を逆転。量だけでなく質でも米国を上回ると。単に人口比で片付けるべきことでは当然なく、他国も学べるものが多いはずです。
人気 Picker
素晴らしいですね。隣国が世界一の技術大国になる。中国と技術鎖国を築くのはデメリット。友好的な関係の中からどのように彼らから技術を学びとれるのかを考えないと。アメリカの踏み絵ワクチン政治にはうんざり。
「AI研究」という1つの分野としてAIを論じると全体観を見間違うと思う。
 AIは、AIとどんな産業やアプリと掛け合わせるかによって、無数の分野が生まれているからだ。例えば、AIと鉄道を生み合わせれば、AI鉄道になる。AIとまちづくりを掛け合わせれば、AIまちづくりになる。
 これには、AIの中身をいかに精緻化してもだめだ。問題となる分野との掛け合わせをいかに行うかの問題である。このような研究は、学術研究として論文になりにくいので、表に出にくい。AIの基礎研究が、このような数字としてカウントしやすいため、この記事に出ているのは、そのような研究が中心だと思う。その意味で、数字に一喜一憂することは意味がない。
 ただし、これを追求するには、多数の試行錯誤が必要だ。打席に立たずに、作戦会議ばかりやっていてもだめである。
 日本は、この無限の可能性の中から、日本なりのAIやデータ活用の道を拓けばよいと思うが、懸念は打席に立たずに作戦会議ばかりやっている傾向がある点だけである。
 評論家はいらない。行動する人を増やすことが大事だ。
1年以上前ですが下記の記事で、どれくらい勢いをもってAI研究がなされているかコメントしたことがあります。

Baidu(百度)、5年で500万人のAIエキスパート育成へ
https://newspicks.com/news/5038745
少し前から米国を中国がこの分野で追い抜くことは明らかで、この実用化や実装もパワフルに進んでいくことは間違いない。要注目。
大学、研究所、研究スタッフなどの数は米国より中国は圧倒的に多いです。
甘利先生などはすでに半導体、電池分野で中国との交流を断ち切ろうとしていますが、
そろそろデータ、AIでも中国との交流を断ち切ろうとするのではありませんか。
それによって中国の発展をはんとか阻害していくと甘利先生たちは頑張るでしょう。
AI分野以外でも、2021年、中国の5G基地局が全土ですでに91.6万個あり、世界70%のシェアを超えている。
先日訪問した深センにある5Gと半導体などに投資&研究開発してもいる企業は、アメリカの制裁で首の根を押さえられている半導体製品、材料などの企業や人材育成に多額のお金を投資と育てています。
中国は今この分野に政府が多額の補助金を出し、国と民間企業が一体となって自国だけで賄える様にしています。
半導体関連株は株式市場でも注目されており、昔のインターネットの様に投資が比較的に獲得しやすく、これからこういった半導体関連の企業の上場がもっと増えていくと思います。半導体関連で中国と提携したい方いましたら連絡ください〜
優秀な人材が中国の強み。これまでの教育政策が成功していることの分かりやすい結果。塾規制とかでこの強みを捨て去ろうとするのは意味不明。日本もゆとり教育が癌だった。一方、優秀な人材の多くは海外で働きたい、生活したいと思っている。この優秀な人材を全力で誘致に動くべき。米中対立は日本にとってのチャンス
今の中国は、「人口ボーナス期」が過ぎ、「人材ボーナス期」に入っていると私は感じています。

AIの応用面においても、規制が相対的に緩い一面があり、中国は世界トップに立ちつつあります。
この流れはしばらく続くのではないかと思います。
国家主導でゼロベースの発展と国内企業の強化・拡大を推進しているというスピード感が相乗効果となり、中国は急速な発展を遂げできていますね。
欧米企業が席巻している世界の市場を見据え、世界最大ともいわれる顧客層を対象としたサービスを国内で拡げつつ、力を蓄えた国内企業が、いずれ先進国に追いつき世界市場の覇権を握ることを睨んだ準備を行ってきて、こうなっているということなのかなと。
学術誌に載るAI関連の論文の引用実績を見ると、中国が突出していますね。
「AI関連の学会ではなお米国の企業や大学の存在感が大きいものの、個人に焦点を当てると中国の底力が浮かび上がる」とも。
また、記事にある清華大学の華智氷さんについてはこちらもご参照。
【中国清華大に「バーチャル女子学生」が入学】
https://newspicks.com/news/5949698