新着Pick
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
井村先生に初めて会ったのは12歳の時。
日本選手権があった大磯で前から歩いてくる27歳の井村先生に「こんにちは!」と言ったらニコニコ顔で「はい、こんにちは」と言っていただいた。

先輩たちにその話をしたら「あの井村先生に声かけたの!」と驚かれた。

15歳で最年少でナショナルA代表に入った時、井村先生に同じ注意を受けるのは2回まで。
3回同じ失敗をしてはいけなかった。

18歳の時、カナダでの強化合宿中、「京さんはsmart な選手だってカナダコーチが言うてた。smartって意味にはいろんな意味があるんやで」とたくさん説明してくださった。

ソウル五輪ではマンツーマンで指導していただく時間が長かった。
死ぬほど厳しかった。常にどの練習でも妥協がない。
私の人生なのに、私よりも先生の方が私の人生に妥協しなかった。笑

スイスでの最終事前合宿で、すごく上手に足技の練習ができ、達成感たっぷりにプールから上がろうとしたら、その私の頭をぐーっと押さえて「はい、もう一回」と言われた、あの情景が何故か今でも忘れられない。笑

でもそれだけしつこく練習しきったので、「世界中で私より練習している人は誰もいない」は自分の確実な根拠だった。

ソウル五輪での日々はあまりに細かく色々思い出がありすぎて書けない。

引退時には長い手紙をくださった。
「私のソロがもう見られないのは寂しい」と書いてくださった。

引退後の10年は井村先生のアシスタントコーチとして代表チームでお世話になった。
笑える懐かしい思い出は尽きない。

私が、「井村先生、先生は来世を信じますか?死後を信じますか?死んだらどこに行くと思いますか?」と伺った時、先生は「そんなもん知らんがな。死後なんてあったらしんどいやろ。死後の世界?ないない。死んだら終わりや終わり。おーわーり。真っ暗や。」
と言われた。あまりに先生っぽくて大爆笑だった。

井村先生とのネタは尽きない。
シンクロ界から離れて、スポーツとは違う領域で活動していることを近年具体的に褒めてくださった。

シンクロでは私は恩師が二人いる。
井村先生はそのお一人。
今も二人の姿は自分の脳裏にいつもある。いつも。
これまで、日本、中国、英国のコーチを歴任されていらっしゃるとは存じておりませんでした。これまで何人の選手のメダル請負人として、厳しい、愛のある指導をされて来たのでしょうか。

私が生まれた年から、大阪市内の中学校教諭を務める傍ら、翌年からコーチとしてのキャリアを歩まれたのですね。約45-46年のキャリアでしょうか。御歳、70。

一つのことをここまで、永く、そして世界中の様々な選手へと与えた影響は計り知れないものがあると思います。指導者を引退してからも、引っ張りだこだと思いますが、また大阪のローカル局で歯切れのいい、井村さんにお目にかかれたらと思います。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
井村コーチが中国代表チームの監督に就任しなければ、日本のAスイミングはここまで中国に引き離されなかったでしょう。
お疲れさまでした。指導者として井村さんの居ないアーティスティックスイミングは想像できませんが、世代交代をしていかないと行けないのだと思います。世界的な貢献に感謝します。ありがとうございました。
礎作った人だと思うが、結局最後は中国強くしてしまっただけに見えるのは私だけでしょうか。結果後退してしまった。