新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一致指数の内訳を見ると、過半を占める生産関連のデータは外需の恩恵を受けて軒並みプラス寄与の一方、商業販売額や労働投入量といった内需関連は軒並みマイナス寄与ということで、一致指数の内訳を見てもK字型回復の様相が窺えます。
内閣府が公表した6月の景気動向指数は、指標となる一致指数は前月比1.9ポイント上昇の94.0となっています

リリースはこちらです。
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/di.html