新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
雇用は未だ弱い、インフレは一時的としながらもメンバーの間で見解の違いがありそうな昨今のFRB。「政策スタンスの調整を考え始めるのは5月、6月の統計を見てから」と5月の段階で主張したウォラー理事が7月に出た統計を見て「国内の景気回復は急速に進んでおり、労働市場も改善していることから、FRBは一部の予想よりも早く金融緩和の解除に着手できるという考えを示した」となると、パウエル議長は自らの講演内容を一切明かしていないようですが、8月26日日から28日に開かれるジャクソンホール会議で量的緩和の縮小時期について何か動きがあるかもと感じないでもないですが、さて・・・ (@@。
まあ、ウォラー理事はややタカ派の部類に入りますから、そうなるでしょう。