新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
雇用の先行指標となる本統計が二週連続で減りましたから、市場では好材料となり、株高・金利上昇・原油高の一因となりました。
同じく非農業部門雇用者数の先行指標とされるADP雇用統計の7月は33万人増と5月の98万人増から2か月連続で大きく減って予想を下回り、意外に回復が遅いと捉える向きが多かったようですが、こちらは市場予想と殆ど同じで「7月の非農業部門雇用者数は87万人増になることが予想されている」ということですか・・・ 87万人増なら雇用はかなり強い感じでしょう。インフレは一時的か、雇用は本当に未だ弱いのか、が量的緩和と利上げの時期を巡る大きな争点であるだけに、間もなく出る結果がジャクソンホール会議に向けてどんなムードを生み出すものか・・・ (@@。