新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつてクレジットカード業界では、提携カード競争がありました。日本でもほとんどのカード会社が提携カード戦略に走りましたが、金融危機後に整理縮小しました。

しかしデジタル化が進むいま、組込型金融で提携カードが復活しそうです。
「完全デジタルの組込型金融にすれば、大幅にコストを削減できる。申し込みのハンドリングコスト、カード発行コスト、郵送コストは確実になくなる。」

提携カードの事例はわかりやすいですね。今年上場したカード発行プラットフォームのMarqetaも、イシュイング機能をAPIで組み込むモデルで急成長しています。

これからのFinTechは、組込型金融を前提とした事業者が多く台頭してきそうです。