新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
普通保険提供側は相応に損害発生源に対して知識を有するものですが、サイバー攻撃に関して如何程に知識があって提供しているのかは疑問です。
例えば生命保険であれば、他殺による死亡、事故による死亡、病死など様々なトリガーがあり、それぞれにどんな原因があったのかしっかり調査して正当な保険金を支払うでしょう。
不動産の保険もそう
現地調査などして事実確認をして被害額を補填する
サイバー攻撃による被害をいかに査定し、それが善管注意義務違反によるものなのかどうかをいかに判定するというのか
流行りに乗りたくて提供されている保険には何の意味もない
言い方を変えれば、サイバー保険ほど加入者側に有利な保険はないでしょう
おそらく「私は専門家だ」と自称してゴリ押せば満額引き出せるんじゃないですかね
「保険」は、広くリスク管理において重要な役割を担うものであり、サイバーセキュリティリスクについても同じと思いますので、サイバー保険に期待するところは大です。ただし、難しさもあります。一つは、損害が見えにくいこと(特に取引関係にある第三者への波及など)と、サイバー攻撃者がいるにも関わらず特定が難しいことです。また、先日のコロニアルパイプライン事案などで議論になったランサムウエア攻撃における身代金の支払いをサイバー保険がカバーすべきかどうかも今後、十分な議論が必要でしょう。
日本では、経産省が、中小企業向けセキュリティ強化策として、サイバー保険とセキュリティ監視・対処サービスを組み合わせた取り組みを始めています。
今後も色々なトライアルを通してサイバー保険が成長してもらうことを期待します。
テレワークを実施する企業が増えていることもありますが、やはり近年企業や自治体などに対するサイバー攻撃が急増していますので、それに対するリスクヘッジを行うところが増えている証左だと思います。

「サイバー保険は、ネットワーク上で不正アクセスやハッキングなどの攻撃を受けて情報漏えいや業務障害といった損害が生じた際、賠償金のほか原因調査や再発防止策に絡む費用を補償する仕組み。」

こんな記事もありました。
【身代金支払いもサイバー保険も無意味、対ランサムウェアの最適解とは】
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2108/04/news08.html

業績