新着Pick
1721Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マーケティングやブランディングは、まさしくこの心理マジックで成功が決まりますし、大好きなトピックの1つです。「人の行動は、95%の無意識で決まる」といわれるように、まさしく心理マジックの世界。

残り5%の健在意識よりも、95%の無意識=潜在意識で行動を決めている。つまり、この95%を解き明かせば、人の行動の源である「心のツボ」を理解出来、心のツボに寄り添うマーケティングが面白いですね。

例えば、〇〇ブランドの靴を買う場合、「デザインが気に入った、履き心地がいい」は、表面的な理由。潜在意識は、その靴を使っている自分はいつもより背が高い気がする=胸を張って自信UPできる自分、仕事がより上手くいく気がする、、、など深層心理はさまざま。マーケティング、ブランディングの醍醐味です。
人の話も、ロジカルすぎるとおもしろみがなくなります。80%のロジカルに、20%の夢が含まれていると美味しく感じます。
「ロジカルでないこと」もロジカルに考えるのがマーケターの仕事です。この記事もロジックそのものを否定しているわけではありません。
しかしそこまでは一定レベルのマーケターならできます。

そこから先、いかに顧客に伝えるのか顧客の半歩先行く市場観とある種の感性が求められる。それができるのが一流のマーケターなのでしょう。

私がマーケターの大先輩から教えられた3つのキーワードがあります。
SCIENTIFIC…論理性
ARTISTIC…感性
JOURNALISTIC…時代性

なかなかその域には達しませんが…。
無意識だったり一見合理的でないからこそ、実験してみないと分からないことが多いと思う。
ブランドについては、消費者の意思決定の大部分が普段は無意識だからこそ、その意識的にさせるような状況が発生すると、プラスにもマイナスにも、そのブランドの評価が変わりうる。無意識だからこそ、提供者は意識的に検証したり、誠実に取り組むことが重要だと思っている。
ブランディングの根幹となる部分であったり、私たちが普段生活する上で数多くの場面に遭遇しますが、それぞれに対して合理的な側面と非合理的な側面があり、考えていくと非常に面白い分野のお話ですね。
行動経済学とも似て非なる分野かと思いますが、奥深い分野です。
欲望の錬金術という表現が言い得て妙
ロジックだけで解決できるのであれば、会社は全て同じ答えに行き着くはず
ロジックだけで解決できないものがあるから多種多様なサービスが生み出される
未だに1920年代に提唱されたAIDMA(アイドマ)をマーケティングで使っている場面を見ることがありますが、昨今の社会の購買行動をみていると、ここに書かれているようなことや、行動デザインを考えるべきであることに気づきます。

つまり、従来のような論理的なステップを踏んだ購買行動から、情動などにもとづいた根源的な欲求に反応したものが多くなってきているということです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
定義づけが大事だと感じた。
顧客にどう解釈してもらうよう裏付けるのかがプロダクトを売る際に肝だと感じる。
プレミアとは欲望のはけ口なのです。どうやって「くすぐる」か。
ふむふむ
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。