新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
本気のスペインと互角の勝負。見ごたえがありました。
さあ、まだ終わってない。次がある!がんばってください。
人気 Picker
一生懸命、心を込めてテレビ観戦しました。

吉田麻也選手が試合後のインタビューで次の3位決定戦について聞かれ
「精神面の話をするのは好きじゃないですが、最後はもう気持ちなので。メダリストになりたいです」

というようなことをおっしゃってました。
重いです。
「最後は気持ち」という言葉が表層的でないところが。

なぜ私は表層的に感じないのでしょうか。
理由の一つは、たぶん自分が勝手に自分の過去と重ねたからかもしれません。

メダリストになりたい。
精神論、根性論は好きじゃないが、最後は気持ちだなと思う。
それをつくづく思う時、心臓が締め付けられるようでお腹が重く押されるようで。
そういう心身相関感覚を思い出しました。
長らくスコアレスドローの状態が続きましたが全く気が抜けず、1人1人が本当に必死で戦った好ゲームだったと思います。特に吉田選手のPK回避タックルや板倉選手のシュートブロック、谷選手の安定感など守備陣の奮闘が光りました。

アセンシオ選手が振り向き様にゴールを決める瞬間は、個人的にはロストフの14秒でベルギーのルカク選手がスルーした時と同じような感覚に襲われましたね…

次戦の相手がメキシコというのがまた因縁深く、グループリーグでは勝ったものの、メキシコ五輪とちょうど逆の立場ということで必死で向かってくることが予想されます。

吉田選手の言う通り、良いリカバリーをして臨んで欲しいと思います!
ある意味、日本サッカー界の歴史的ゲームになったと思います。若き無敵艦隊スペインに大健闘でした。

我慢の時間が長くありました。ボール支配は圧倒的にスペインでした。その中で、久保・堂安両選手が推進力となりました。今大会、大活躍のGK谷選手は好セーブ連発でした。

さぁ、長く時が止まっていたメキシコ五輪の銅メダルに挑戦です。ロンドン五輪のリベンジ。主将・吉田麻也選手の「最後はメダリストになりたいです」この言葉は心にしみました・・・頑張って欲しい。
次も応援!!!もう一度、目的を再度確認して、チャレンジャーになれればと願っています!
スペインは、アナウンサーが煽っているほど強くはなかったです。それほどチャンスで決めきれていませんでしたね。

サッカー好きの私見としては、今回のような真剣勝負に対してもっと質の高い放送はないものかと思いました。
 
アナウンサーの実況も建前コメントを並べる解説も、試合の「格」とミスマッチでした。
 
何故いつも男性アナウンサーが実況しているのかも謎ですね。
試合直後のインタビューで、試合を振り返るのでなく「次、勝つしかない。メダリストになりたいです」と短く答えた吉田麻也主将の言葉に選手たちの思いが集約されていると感じました。「ここまでくれば、思いが強い方が勝つんで」というのはまさしくその通り。そして五輪のメダルには価値があります。8月6日のメキシコ戦に勝って思いを実現してほしい。
残念だが、勝つための「最後の精度の高さ」に差があるのを、選手自身が実感したと思う。しかし、この悔しさと世界レベルを肌で感じた経験が、今後の糧になるはず!頑張れニッポン!
VARで見れば見るほど吉田選手、体を張ったナイスディフェンス!!PKがNo foulとなって主審とのフィストバンプも印象的。
怒涛のスペインの攻めに対して全員集中して気持ちのこもった素晴らしい守備の数々、そして最後まで戦い切った姿に本当に感動しました!
次の3決!メキシコ戦!!がんばれ日本!!!
1999年のワールドユース決勝から約20年ぶりの、本気でタイトルかかったスペインとの試合でした。

個々のデュエルやドリブルなどで勝負になり、得点シーン以外はあのアセンシオにさえほぼドリブルさせなかったなど、日本サッカーの成長がしっかり見られた試合。

守備はもはや世界と戦える水準になりました。

しかし、冨安不在はほんと大きかったですね。。
板倉を疲労困憊の田中の控えで使えていたら、と思わずにはいられない展開で、監督も最後やむを得ず橋岡に替えてました。

あとは攻撃。
あの決定機が何本か枠にいっていれば。。。
決定機が枠に来るか来ないかが世界との差。

メキシコ以来のメダルはぜひメキシコ戦で!
元日本代表の森岡サンの解説が終始分かりやすく時には選手目線で説明されていてとても良かった。結果はとても残念だったけど、次のメキシコ戦を乗り越えて銅メダル🥉を勝ち取って欲しい。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン