新着Pick
219Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
若者のバイト先である飲食店をいじめ抜き、大学へは学生だけを排除し、家にいろと閉じ込めようとした都も政府も若者の心の健康を害した傷害罪ですね。
人気 Picker
地方の方が都会よりも有意に自殺率が高いことは以前より日本でも米国でも統計的に裏付けられています。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/7.html
https://www.cdc.gov/media/releases/2017/p1005-rural-suicide-rates.html

精神科臨床医としては、地方の閉鎖的共同体、因習的価値観がメンタルヘルスに与え得る悪影響は決して無視できないと感じます。
コロナ禍で自殺者が増えている原因のひとつが、ステイホームで人との直接の交流が減ったことなのかもしれませんね。もちろん、DVや経済不安など、自殺者増にはさまざまな原因があるとは思うのですが、さまざまな原因のひとつとしてありえるのかも、ということです。
こちらが原典の論文です。
https://www.pnas.org/content/118/31/e2022472118
逆の結論に至っている研究も多いので検証が待たれるところ。
https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v8/n9/%E9%83%BD%E5%B8%82%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%8C%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%96%BE%E6%82%A3%E3%82%92%E8%AA%98%E7%99%BA%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%9F/36595
ただこちらの記事でも言及されていますが、自殺率に関しては都市部の方が低いと言う傾向があります。

今回の結果は、都市生活のよくない面ばかりを強調するものであったが、都市生活が常に悪いというわけではない。例えば、都市生活と自殺との複雑な関係について研究が行われ、多くの国では、都市よりも農村地方のほうが自殺率が高いことが示されている。この研究結果についてはいろいろな解釈が考えられるが、都市のほうが経済活動が盛んであることや、刺激的で相互に影響を受けあう社会環境であること、また大規模な社会的支援ネットワークがあることや医療機関が身近にあることが関係しているのかもしれない。
人間関係は、抑うつに対して、プラスにもマイナスにもなり得ます。いい関係は、プラスになりますし、悪い関係はマイナスになります。また、プラスやマイナスの人間関係が都市と地方でどちらが持ちやすいか、という観点でも、これは場合によると思われます。
「都会より田舎が自殺率が高い」というデータはデータとして正しいのだろうが、「人とすれ違う数」に帰着する読み解きには疑問。
もしかしたら若い世代が多く、自殺率の高い中高年率が、相対的に低いからかもしれないし、など、多面的に見る必要がある。
私が一番思うのは、都会は、どんなマイノリティにもコミュニティが存在するし、「他人は他人」という、良い意味での距離感が保たれていること。「誰にも何も言われない」こと。
田舎は、因習・常識がモノトーンで、居づらくなるのではないか。
「都市の生活はいろいろな点でストレスが多いが、孤立することは少なく、人とのつながりを構築する機会が多くある」という考察は示唆的だと受け止めています。心の健康という観点から都市の「集積」のメリットを改めて見直すべきかもしれません。
人と人のコミュケーションの量が重要だということだと思いますが、質が伴わない場合はマイナス影響が大きいこともあるので注意が必要です。
地縁血縁のような濃く逃げようがない関係がある地方と、それがない都会。また、人が多いのでどんなマイナーな嗜好があっても同好の士と集える都会と、そんな関係作りにくい地方。合う合わないはあるものの、取捨選択できる余地があるのが都会の良さかもしれない。都会もママカーストとかあるかもしれないけど。
数の原理では大都市の方が人と関わるきっかけは多いかもしれない。しかし、どれだけお互いを知り関わったかで、人間関係における豊かさは得られるものだと思う。そんな関係を作り出すのも自分の行動次第
#キャリアコンサルタント
Premiumを無料で体験
登録・ログイン