新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
YouTubeでも同様の取り組みはずっと前からやっているのですが、各プラットフォームでも誤情報の拡散防止や正しい情報を広めることはぜひ取り組んでいただきたいところです。
特に今はこうしたことが必要ですね。新型コロナのワクチンに関するカルト的な陰謀論などはどうしても注目されシェアされ多くの人が目にして米国では接種の妨げになっています。日本でもこれからがワクチン接種の大切な時期、是非とも非科学的な誤情報はシェアされる前に削除してほしいものです。また誹謗中傷の書き込みもすぐさま削除してそのようなツイートをしているIDは凍結すべきです。アスリートに対する酷いツイートをそのまま削除せずにいれば、Twitter社はこれをよしとする、認める企業だということになります。表現の自由とは別次元の話です。Twitter社が誹謗中傷に対応できないなら、企業としても経営者としても厳しく糾弾されるべきです。
プラットフォームと報道機関の連携は食い合わせが良い。プラットフォームは今、かつて隆盛だった頃のマスコミ以上の社会的影響力を持ちながら、その”場”におけるデマやフェイクニュースなどの流通に十分対策しきれていないと見られてきた。社会的影響力に見合う体制の整備は、報道機関が過去に通ってきた道だ。これで全てが解決するものでは到底ないが、相対的によりマシな状況に近づく。
プラットフォームと報道機関の連携はもっと進むべきだ。
歓迎します。信頼の再構築のために、プラットフォームがメディアと提携する意味は大きいです。どれぐらい効果が上げられるかはこれからの努力次第ですが、こうした取り組みを始めたことそのものに意義があります。ユーザーの協力も得ながら、信頼と安心の情報空間をつくる方向に進んでいきたいです。
メディア自身が切り取りなど誤情報とまではいわないけどミスリードさせる報道している方が問題じゃない?共同通信とか共同通信とか共同通信とか。
難しいよねぇ。明らかなデマって案外広がらない。広がってもまに受けてるアホはそんないないのが実際のところ。
影響が大きいのは、かもしれない情報。嘘ついてるわけじゃないし、事実を元にしてる。
母親がワクチン接種後に授乳していた子供の死亡事例とかね。多分事実なんだろうけど、ワクチンのせいかはわからないし。嘘ついてるわけじゃないけど、影響はでかい。
メディアの方にとっては興味深いお話では。
ともすれば誤情報拡散に寄与してしまうSNSがこういった取り組みをするのはいいと思いました
「ニュース速報時には、両通信社と協力して正確な文脈を追加する。ニュースに関するツイートに付けられたラベルや、流行の話題についての情報を要約する「モーメント」など、ツイッターのさまざまな場所に表示される可能性がある」
Premiumを無料で体験
登録・ログイン