新着Pick

突出した才能ありながら対人関係などで困難、「ギフテッド」の子供たちを支援へ…文科省

読売新聞
「ギフテッド」と呼ばれる特定分野に突出した才能を持つ子供たちを支援しようと、文部科学省が検討に乗り出している。想像力や記憶力などに優れる一方、対人関係などで困難を抱える子供が一定割合いるとされるが、国内での実態は分かっ
107Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
支援するか否かを才能があるか否かで判断すること自体がおかしいでしょ。それこそ悪しきメリトクラシー。

okumuraさんのご指摘を受けましたが、何の理解が間違っているのかわかりませんでした。

私は支援をすべきではないと言っているのではなく、本来生きづらさを感じる人すべてに手を差し伸べるべきで、支援の理由が「突出した才能をもつ子供」であることに違和感を感じているというものです。
人気 Picker
子供は無事産まれてきてくれた事そのものがギフテッドだと思いますが。
この問題はギフテッドの子どもたちが抱えている困難が、突出した才能が故に周囲から理解されないことにあります。

学校教育現場に「ふきこぼれ」問題があるのと同じように、子どもの発達には個人差があるにも関わらず、教育内容を年齢で画一的に統一していることの弊害です。
そして、突出した才能が社会にとっても好ましい(むしろ羨ましい)才能なので、支援の必要性まで至っていませんでした。

年齢の割り当てで学びや行動を制限するのは、大人の都合に過ぎません。子どもの興味関心や発達に応じて必要な支援をすることは、本来、当然のことです。

ギフテッドと形容するレベルに至らなくても興味関心や発達に応じて、多様な機会を選択できるようにすることが大切です。
才能あれば、対人関係問題あっても許す、みたいな感じになってるけど、どんな子でも対人関係だけでなくさまざまま問題あっても、対応できるようにして欲しいと思う。
どんな人格や性格であれ、才能が発掘され、伸ばせる仕組みであればいい。才能があろうと特別なものがなかろうと、行きづらさを感じた時に克服できる選択肢があればいい。それが当たり前になるような国づくりを国が目指せば良い話だと思うけど、何か特別なものを育てる意図で始める話なのであれば、方向性に違和感を覚えるな。