新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも激安の食い物に頼らなきゃいいのにな
子どもに何を食べさせるかを考えると怖くてたまらない。でも、無駄に恐怖心ばかり持つのも良くないし、難しいところ。
中国産は避けるようにしているけれど、原産地の表示されない加工品使用時や外食時には、あまり細かく気にしないことにしている。
体の基本は食べたもの。タイトル含めさすがに煽りすぎだが、一つ一つに怖さがある。畜産農家の息子として育った身として言える事は「自分で食べるものがどのように出来ているか、の意識を高く持つ」こと。流通が複雑化する中、難しくなっているが。
ウサイン・ボルトがレース前にマックのチキンナゲット20個食べる、というストーリーは有名(意味深)。ちなみに北京五輪中は、中華を拒否してナゲット100個食べたとか本に書いてあった。
「成長促進剤も大量に与え、わずか40~45日程度という異常ともいえる短い飼育期間で鶏肉が出荷されているのです」とあるが、実家がブロイラー生産をやっていた経験からすると、ブロイラーの出荷は早いと40日くらいで出荷する。無闇に恐怖感を煽ってはいけないと思う。
一方で、食の安全は中国の喫緊の課題であることは明らか。特に、生育プロセスの管理と味や見栄えに対するこだわりについては、日本人の持つ「物差し」自体に需要がある。KKRのような投資家に負けず、日本の商社や小売系のビッグプレイヤーに取り組んで欲しい。
固有名詞がぜんぜん出てない記事は信用しないこと。成長促進剤って具体的になんだよという。
「中国産の食品は、鶏肉に限らず、どの食材においても危険をはらんでいる」おそれがあるのなら、購入企業は検収時の全点検査だけでなく、業者の製造・加工、包装・梱包、物流各工程の厳格な継続検査を実施する必要がある。翻って、わが国の生産・物流企業は、取り扱う製品が放射性物質による汚染が危険水準にないことを証明し、常にその水準を維持する体系的な処置が必要だと思う。
基本的に安過ぎるのが原因だと思うんだよなー。もっと値上げして環境整備すれば良いと思う。300円で美味いモノを食べられることの方が不思議だもん。
事実ならとても恐ろしい。加工の段階ではなく、鶏肉そのものの問題。チェックができない。こうなると中国産のものは何も信用できなくなってくる。
このテの情報はセンセーショナルに語られることが多いので、真偽のほどは分かりませんが…。安いものには理由があるということですね。
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
7,140 億円

業績