新着Pick

大阪「第5波」で懸念される中等症の増加、医師「人生で一番苦しい」…8月下旬に5千人超予測

読売新聞
新型コロナウイルス感染の「第5波」で懸念されるのが中等症患者の増加だ。海外では重症扱いされることもあり、専門家は「甘く見てはならない」と警鐘を鳴らす。大阪府では最悪のペースで感染者が増え続けた場合、8月下旬には入院が必
74Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
このような非常時にこそ、医師会が率先して開業医に協力を要請すれば医師会のイメージも良くなるのでしょうけど…やらないでしょうねえ〜。
人気 Picker
こんな時こそ日本医師会が率先してコロナ対応病棟の増加に努力すべきです。いつも上から目線で政府に文句を言い国民に脅しまがいの警告を発するだけなのですから、今こそ存在感を見せる機会です。中川会長頑張ってください!あなたならできる!
今は重症患者数や死亡者数が報道されていますが、画期的な治療薬がない現時点では人間側にできることは病床の確保や、ワクチン接種を進めることしかありません。
病床の増加は劇的、短期に解決することが難しかったり、コロナの病床確保のために通常医療(とはいっても深刻な病気の治療や手術など)が圧迫されることになります。

となると、残りの出口戦略は、唯一、ワクチン接種のスピードを上げること。在庫や、ロジスティックスはもちろん、特に若い方の『ワクチン打とう』というモチベーションを上げることが重要です。

となると、中等症という呼び方で、「軽い」と思われないように、中等症1、中等症2の呼び方を変え、年代ごとの中等症患者数も、あわせて報道していくことが、特に若年層のワクチン接種モチベーションを上げるのには必要かもしれません。

ゼロコロナは難しくても、なんとか、うまく制御できる状態にして、経済活動ふくめて、普通の生活に戻していけるような地道な努力を積み重ねていくしかありませんね。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン