新着Pick

中国証券当局、米SECとの協議求める-IPO停止で

Bloomberg
米証券取引委員会(SEC)が中国企業による米国での新規株式公開(IPO)登録を停止したことを受け、中国の証券当局はSECとの協議を呼び掛けた。
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さすがに都合が良すぎる。逆に協議を呼び掛けるのであれば、それは中国側が最近の自国企業の海外上場について折れる可能性も示さないと厳しいだろう。

ここ1週間ほどで、中国側の雲行きが少し怪しくなってきている印象を持っている。
先週金曜日にSECが上場手続きを停止した(①)。ただその少し前から、引き続き米国上場を容認(②)、またグローバルな金融機関に不安解消に動いているという報道もある(③)。
DiDiに始まり、少しやりすぎてあまりに反応が大きすぎて、という感じだろうか。特に教育関連企業について、すでに上場している企業など含めて非営利団体への転換(④)というのはやりすぎだったように思う。
でも一度上げた拳はなかなかお互いに下げにくいし、下げようとすればむしろ突っ込みに行くくらいだろう。さて、これからどうなっていくか…

https://newspicks.com/news/6060667
https://newspicks.com/news/6061556
https://newspicks.com/news/6061562
https://newspicks.com/news/6043766
なんで中国ではもっとも収益の高い企業はかならずアメリカへ上場に出かけるのでしょうか。
中国国内で上場しないで、わけのわからない島にわけのわからに企業を設立してそこから上場する、どうも理解できません。
どうどうと中国で上場する、またはどうどうと中国から上場してはできませんか。
結局、制度の差、政治の必要性などからきて、上場はかならずしも順調ではありません。
ディディのような企業は上場することによって国内では新規の業務が停止となりました。
こんな矛盾をまず解決すべきではありませんか。
ルールさえ守っていれば自由な活動が出来る米国に対し、共産党の一存で簡単にルールがねじ曲げられる中国では、協議しても話は平行線になるのが見えています。まあ、中国は短期の株価対策のつもりとしか思えないですね。流石に株価急落に恐れをなしたんだと思います。共産党にモノ申せるのは株式市場だけです。それが市場経済のメリットでもあります。
協議することはないよなあ…投資した株券がいきなり共産党の恣意的な都合で紙屑になるリスクをもう少し下げないと…
こんなことやってますが、中国は米国市場は捨てても良いと考えてるでしょうね。
都合良すぎ(笑)