新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のZ世代のトレンドを紹介する記事ですが、説明的な解説もあるものの、「日常ベルサイユ」、「逃亡プリンセス」、「破次元クラブ」といった、感情をずばっととらえるネーミングに魅了されます。ファッションには言葉の力も不可欠なのです。これは強い。

破次元クラブにはさらにサブカテゴリ―もあり、ロリータ、JK制服、漢服の3つ。この3つを合わせて「破産三姉妹」って(笑)。自虐的なユーモアも漂い、サイコーです。
関連記事一覧
災害や不登校 日常が壊れたとき、「学び」とどう向き合うか
Forbes JAPAN
35Picks

「ロボット宅配のある日常」のリアリティ。楽天・西友の公道実証で見た意外な現実【半径1キロのモビリティ革命#3】
Business Insider Japan
26Picks

ホームセンターではなく“カインズ”に! 商品開発で、世界を日常から変える
talentbook
8Picks

学校の制服選択を「ジェンダーレス」に 生徒の声が校則変える 防寒対策や性的少数派に配慮も【高知発】
FNNプライムオンライン
4Picks

【台湾】コロナ域内感染者、最多続く[社会] 警戒レベル引き上げ、日常が一変
NNAアジア経済ニュース
2Picks

バンダイ フェイスマスクシリーズ『ベルサイユのばら ザ・マスク』を4月24日より発売
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
2Picks

最多635人感染の兵庫県 「災害レベル。日常取り戻す最後のチャンス」 死者累計657人、強い危機感
神戸新聞
2Picks

続く不安と隣り合わせの日常 首都圏緊急事態宣言解除
毎日新聞
1Pick

今年は「ジェンダーレス」な”多様性重視”のラインナップに ランドセル商戦が早くも本格化
関西テレビ
1Pick

虫歯とシラミにまみれた貴族たちの館「ベルサイユ」へようこそ | 尿の香りに包まれた美しき宮殿
クーリエ・ジャポン
1Pick