新着Pick

「改革」が求めた弁護士像のちぐはぐ感 - 河野真樹

BLOGOS - 最新記事
司法改革路線と、そこでイメージ化された、あるべき弁護士像について、ずっと根本的な疑問が消えないできました。それは、ある種のちぐはぐ感に対するものといえます。端的に言って、この「改革」は表向き、弁護士に対し、より「公益性」を意識することを求めながら、その一方で、よりサービス業化、ビジネス化を加速せざるを得なくなる激増路線をとったからです。 「改革」のバイブルとなった司法制度改革審議会意見書は、...
1Pick
Pick に失敗しました

Premiumを無料で体験
登録・ログイン