新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ブロードウェイだろうとオペラだろうと上演は経済活動だから、破綻するリスクを排除しつつ売り上げを最大化する必要がある。客数のことを考えてワクチンを打っていなくても、陰性証明があればいいとしていると思う。ワクチンの証明は一回取ればいいだけだから陰性証明を毎回取るよりお客さんも楽だ。ワクチン打てない人はちょっとコストが増えるが上演は慈善事業じゃないのだから仕方がない。見られないわけでもない。

お客様も世界中から来る。色々な人がいる。出演者以外の受付やショップ、バー、誘導など、お客様と接する人もたくさん居る。こういった人たちに1人でも陽性が出たら上演は即中止になってしまう。

ブロードウェイは上演契約を一度結んでしまうと、一定期間は上演がなくても人件費などのコストが発生してしまう。つまり契約期間は変動費が非常に小さい固定費ビジネスになってしまうという特徴がある。かつコロナ陽性が1人でもでたら上演は何回も中止になるだろう。基本ハイリスクローリターンのビジネスなので、上演期間中の公演中止は即経済的破綻を意味することになる。だから全力でリスクは抑える必要がありますね。
米国がワクチン接種を義務化する方向に進んでいるので、この対応はもっともだと思います。できるだけはやい機会にニューヨークで、コンサートやブロードウェイに行きたいと思っていますが、私は接種証明書があるので、これでいけるか、と。その前にまずニューヨークまでフライトに乗れるか、が?ですが。証明書が有効な国に入っていないと思うので。
 それにしても日本では劇場などでも検温と消毒だけしか求められないのに、そこからの感染拡大があまりないのは、マスクによるものか、まだデルタ株がそれほど広がっていないせいなのか?と。
アメリカでは既に600以上の大学が、ワクチン接種を義務化しています。これに対しインディアナ州の学生が、憲法上の権利を侵害しているとして廃止を求めた裁判では、連邦裁判所が学生の訴えを退けています。
ブロードウェイのようなエンターテイメントでも、学校でも、職場でも、アメリカではワクチン接種の義務化がスタンダードになっていくのでしょうね。
当然とも、仕方ないとも、これ以外に方法がないとも言える。これは観覧者本人のためでもある。シンガポールも近々に控える行動規制の大幅緩和は原則ワクチン接種者のみ対象と発表済みである。世界はこの流れで一致。日本もそうなる事を見越しておくべき。
米国でワクチン接種の義務化が進む。ワクチン接種を拒むのは公衆衛生的に害が大きすぎる。個人の自由で片付けるべきではないと思う。法律で義務に出来ないのであれば、ワクチンパスポートを色んな場所で必須にして、接種しないことのデメリットを明確にしていく必要がある。集団免疫が遅れれば遅れるほど経済ダメージは大きくなる
アメリカの場合、ワクチン接種をしない人は、そもそも感染対策もおざなりな人が多いのは明白な事実なので、結局、ワクチンパスポートコントロールせざるを得ないと感じます。

日本でも、ワクチンに関して色々意見があるので、自分は打ちたくない…周りが接種すれば社会的免疫力が確立するので、そうしたらマスク外せるしと平気で言う人がいるのは驚きです。
自由の国アメリカでこうした動きが出るのは興味深い。嫌なら行かない自由もある、ということだろうか。
文化と芸術における対策と方針が、明確にされる事により、まずはワクチン接種者には観覧、観劇を可能にどんどんしていけば良いと思います。CDCの声明では、屋内でのマスク着用は義務付けるようですし、まずは可能な人たちへのメッセージはとても大切ですし、新しい可能性がはっきりとしたのは、演ずる、演出される側と観る側双方において明るいニュースですね。

ワクチン接種出来ない方々には、昨日の大阪市の声明にもあったようなPCR検査を徹底する、鑑賞、観劇においては、当面座席の間隔を空けるようにすれば、文化と芸術のマネタイズにおいては、ある程度、短期においての損益のシミュレーションも可能となるのではないでしょうか。それにより、広告、広報、マーケティングも活性化されますし、出来なかった事が出来るようになれば、様々な経済活動も活性化、循環してまたある程度豊かな日々が再来するのかなと思いました。
まあ当然だよな
ブロードウェイのミュージカルはことし9月14日から公演を再開する予定ですが、ニューヨークの劇場などでつくる団体は30日、出演者や劇場のスタッフなどに加え、訪れる観客に対しても原則としてワクチン接種を義務づけると発表したそうです
Premiumを無料で体験
登録・ログイン