新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
緊急事態宣言が効かない、もしくは効いていてもデルタ株の感染拡大の速度の方が上回るという現状のなかで、感染拡大を止める目的を果たすためにどういう手段をとり得るか。その手段の最も有力なものの1つが、ロックダウンを可能にする法整備だ。日本はこの法整備がないために、飲食店ばかりに過剰に負荷がかかり、医療提供能力の余裕を確保するのに十分な抑え込みが出来ていない。

どこまで厳しくするかという程度を議論する以前に、手段自体を封じるのは現状に馴染まないのではないか。対五輪世論も悪化させかねない。
「結果的にロックダウンという手法は日本にはなじまない」という、意味が分からない。

やってもいないのに「結果的に」?
「なじまない」は、適切・有効ではないということ?
出口の見えない「緊急事態宣言」は日本になじむのか?

言葉尻を捉えるようだが、この人の日本語は分かりにくく、あまりに感覚的すぎる。指導者には「なじまない」。
緊急事態宣言なんてもう誰も従わない。今はワクチン接種を急ぐしかない。

ワクチン接種を拒むのは公衆衛生的に害が大きすぎる。個人の自由で片付けるべきではないと思う。法律で義務に出来ないのであれば、ワクチンパスポートを色んな場所で必須にして、接種しないことのデメリットを明確にしていく必要がある。集団免疫が遅れれば遅れるほど経済ダメージは大きくなる