新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
欧米と異なり、日本はコロナショックで逆に超過死亡数がマイナスになりましたからね。
人気 Picker
ご存じの方も多いと思いますが、平均寿命とは今年亡くなった方の平均年齢ではありません。

平均寿命を計算するにあたり、基本になるのが「平均余命」という考え方です。
現時点の各年齢ごとの死亡率が今後も維持されると仮定して、各年齢の人が何歳まで生きられそうかを計算します。

そして平均寿命とは「現在0歳の人の平均余命」を指しています。
生まれたばかりの赤ん坊が、現時点の各年齢の死亡率の実績と同じように亡くなっていくと仮定した数字です。
しかし、実際には医療技術の進歩等で各年齢の死亡率が下がれば平均寿命はどんどん伸びていきます。

私は今年で60歳になります。平均余命はだいたい24年ですから、平均寿命(男性:82歳)より2年ほど長く84歳まで生きるだろうと考えられます。
この数字の差は、同年齢ですでに亡くなった方がおられるので、現時点で存命な人の寿命は公表されている平均寿命より長くなるからです。

また、戦争や新型コロナのような伝染病で一時期に多くの人が亡くなると、計算上の平均寿命と実際の平均寿命に乖離が起きます。
アメリカの平均寿命がコロナ感染のせいで今年1.5歳短くなりましたが、今年生まれた赤ん坊が去年の赤ん坊より1.5年寿命が短くなることはありませんから。

「自分はだいたい何歳まで生きるのだろうか?」と思った時には、ネットで「平均余命表」を調べて、今の年齢に足してみてください。
それに医療技術の進歩を加味して数年足せば、自分が亡くなりそうな年齢の平均値がだいたい分かります。

グダグダ書きましたが、人生は何年生きるかよりも楽しく生きることの方が大事です。楽しく生きれば余命も伸びると思います。
やっぱりこのコロナ禍でも延伸したんですね。コロナで大ダメージを受けたアメリカなどとは大違いです。
70過ぎの母親の会話にて「スポークラブ仲間の中では私が一番年下なの」

…笑えない。
世界一は香港なんですね。知らなかった。
若者には地獄です。

社会保険的負担もさることながら
・仕事をしないのに高給取りの上司
・何も新しいことを受け付けない保守的な社会
・過去サンプル1の成功体験基準のみの非科学的な意思決定
・殆ど尊敬、模倣に値しない反面教師だらけの老害
自分としては、健康寿命を延ばす努力はしたいです。
日本はコロナ対策で超過死亡が三万人も減って平均寿命が延びたが

代わりに

若年層の死亡が増えた
出生率が下がった
失業者が増えた
自殺が増えた

日本のコロナ対策は過剰なので緊急事態も蔓延防止もやめて「元の日常」に戻った方が良い