新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
想像するに、7月27日、韓国と北朝鮮が南北直通連絡線の再稼働に合意したとき、中国は北朝鮮と韓国の双方からこの合意について事前に通知を受けていただろう。根拠は3つ。(1)過去に韓国外交部は「南北関係に関する重要な決定は中国を含む関係国に通知している」と説明している。(2)7月11日、中朝関係を血盟の関係だとの内容の親書を交換した中国と北朝鮮の関係を考えると北朝鮮が事前に中国に通知していないはずがない。(3)文在寅政権の基本姿勢を考えると韓国が日本と米国に事前通知をして、中国には黙っていることはありえない。
つまり、文在寅政権が日米に事前通知をしたことが文在寅政権の日米韓・協調姿勢の表れと判断するのは飛躍しすぎ。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン