新着Pick
340Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
東京、沖縄、延長する意味があるのでしょうか?

すでに感染者数は爆発的に増えているし、サラリーマンは職場に通っています。

困るのは飲食店とその利用者だけ。

同じことを繰り返すのはあまりにも愚かです。

感染対策をしっかりやっている飲食店を規制の対象から外すとか、メリハリをつけるべきです。
人気 Picker
緊急事態宣言という言葉は、昨年5月頃にはたしかにインパクトがあったが、度重なる発令の結果多くの国民にとって「緊急性」が感じられないものに成り果てたと感じています。

それだけでなく、度重なる発令とその都度行われる説明は、感染症予防に注意して暮らしている多数の国民に「敗北感」(こんなに努力しているのに、毎回お前はダメだと言われているような感覚)を植え付けてしまっているとも感じます。

人間は「承認欲求」を持つ生き物です。今までのやり方は(無視を含む)「逃避」行動を助長してしまうというのが私の懸念です。

今までと同じではダメで何かやり方を抜本的に変える必要があります。
東京と沖縄はすでに緊急事態宣言に入っていましたが、それでもデルタ株の急拡大には追いつけていません。政府や自治体のメッセージも届かなくなり、すっかり宣言もさびついてしまいました。しかし、ワクチン接種はまだまだ道半ばで私自身も一回目が終わったばかり。次は8月下旬です。

ゆるめていいタイミングではなく、私たち1人ひとりもいまいちど、油断しないよう引き締めないといけない局面だと思います。日本は強制力をもたない要請ベースを基本としたやり方でここまできました。これが最後であってほしいという思いで、医療崩壊は避けなければなりません。
面で抑えることで、我々の強い危機感を共有したい…と神奈川県知事がインタビューで言っていましたが…

今までずっと、重症化し易い高齢者の為に若い人は我慢して!と押し付けがましく言い続けてきたからではないでしょうか?

今、高齢者の重症者が激減していますから。ある意味、今までのメッセージがよく効いているということ。
→自分達は高齢者の為にもはや我慢しなくても良いと。

罹患すると、誰でも辛いんだよ…と言い続ければ良かったですね。
そして、高齢者は全般的に我が世の春を謳歌していますね
→腹立たしいです。
緊急事態宣言の緊張感が驚くほどなくなっているのに、緊急事態宣言を延長する理由はなぜなのかを考えてしまいます。そもそも緊急事態宣言中にコロナ感染者数が過去最多を更新しているので、緊急事態宣言の効果はあるのでしょうか。オリンピックの後も心配です。。
緊急事態宣言なんてもう誰も従わない。今はワクチン接種を急ぐしかない。

ワクチン接種を拒むのは公衆衛生的に害が大きすぎる。個人の自由で片付けるべきではないと思う。法律で義務に出来ないのであれば、ワクチンパスポートを色んな場所で必須にして、接種しないことのデメリットを明確にしていく必要がある。集団免疫が遅れれば遅れるほど経済ダメージは大きくなる
もう街は変化する事はなかなかないのでは、と思います。

今、オリンピックで様々な国と地域のアスリートが、毎日ベストを尽くされていますが、宣言対象の都道府県の小中高のスポーツをされている方々も休校と部活も休みとなると思うとかわいそうでなりません。

この期間にどれだけ、ワクチン接種率を上げるかも鍵をこれから握ると思いますが、アスリートと同じく、もう前進するしかないと思います。
コミュニケーション面では五輪開催が感染対策を緩めていいというメッセージだと敢えて歪めてとる人には打つ手がないのは確か。種類販売停止も効果は期待できるけど悪手。となるとお酒を出す出さないを問わず飲食店に水蒸気スモークとレーザー光線を煌めかせて如何に他人の飛沫が飛びまくってる場所であるかを可視化して自ら完全に無言でそそくさと食べて立ち去るように促してはどうか。並行してテレビCMではデルタ株が既存種と比べて鼻粘膜などからのウイルス排出量が桁違いとアピール。どうでしょう?
もうここまで来ると、やっているということに政治的意味があるフェーズですね。

・何もやらずに、感染爆発
→政府は何やってるんだ!と支持率低下。

・効果の有無にかかわらず、何かやったけど、感染爆発
→最大限やれることはやったよね、頑張ったよねと支持率横ばいもしくは微上昇

後者が実用的か?でいうとそうではないかもしれませんが、国全体の舵取りをする立場からすると、
効果の有無よりも努力の姿勢の方が重要、ということ。
単に緊急事態宣言を延長しても、既に宣言下でこの状況ですから効果は薄いでしょう。新たな打開策を期待します。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン