新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IMF世界経済見通しの7月改訂ではG7で唯一、日本だけが下方修正(しかも0.5ポイントと結構大きめ)になったことが話題になりました。これはGDP推計などをする人々からすれば現状追認の結果でした。また、金融市場に目をやっても株式市場では主要株価指数で明らかに日本だけが出遅れていることが鮮明です。為替市場でもNEERで見た円の凋落が明らかです。株や為替と違って金利(債券)が安定しているのはBOJの影響力が強いからでしょう。GDP、株、為替といった部分で日本の劣後が覆い隠せなくなっているのは間違いなく(株にしてもストックベースでは依然BOJの力は大きい)、これを覆すのは大変な時間がかかりそうです。

英国がそうしたように、本来はワクチン効果を感染者ではなく重症者や死亡者で測り、前に進むというのが唯一無二のアプローチと思われますが(英国ピークアウトしましたし)、その英国アプローチも医療崩壊が容易い東京の医療体制では恐らく難しそうです。保険局が危機を煽るなというメッセージに「いや危機なんだ」と被せるように報道してくる紙面報道今日拝見しましたが、こうした恐怖報道も消費・投資意欲を折るものでしょう。さみしい話ですが、どこをどう評価しても日本株や円を前向きに語るのは難しく、それが数字に出てしまっているのが客観的な現状と見受けられます。

宜しければご笑覧下さい。極力文字数を減らしてチャートを見て貰うように今回は工夫したつもりです。
「ワクチン接種が進む→行動制限が緩くなる→消費・投資が活発化する→成長率が高くなる」というシンプルな事実関係にいまの世界経済は支配されており、それは当面変わらないということがあらためて確認された
もう死んだ国。コロナ禍と五輪で確信した
Premiumを無料で体験
登録・ログイン