新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
2020年4月の最初の緊急事態宣言の時には、日本全国をあげてのロックダウンでした。テレビではステイホームをポジティブに盛り上げ、安倍総理が国民に力強いメッセージを発信して国民の理解を得た。

今は「若者はけしからん」「酒を飲むなー」で、分断を生むだけだなあと思います。
人気 Picker
コロナウイルスの政府の対応について、どうコメントしていいのか迷っていた。しかしさすがに、今の状況は目に余る。

日本にとってのコロナウイルスとは何なのか。感染者数の増減はあるものの、死者数はこのパンデミックが始まっていらいずっと100人程度以下に抑えられている。ということは、日本におけるコロナウイルスの影響は死者の増加ではなく、医療現場の崩壊なのではないだろうか。

医療現場の崩壊が問題なのであれば、対策としてはもっといろんなことができるはず。医療従事者の待遇を良くして医療従事者を増やす、現在マニュアル的に行われている書類業務をオンラインおよび自動化する、オンライン診療を普及させる、など。
「若者が自粛しなくなったケシカラン」と言うことではなく、本質は「デルタ株の感染力の強さ」。今までの緊急事態宣言ではデルタ株の感染拡大は抑えられない。じゃあどんな対策取れば良いんだろうか、これまでよりももっと強力にするのか、できるのか、という話だと思います。

換気の悪い居酒屋とかだと、離れた席の人からも感染するらしいので、外出制限をより厳格にするしかなさそうですが、飲食店の経営が痛みまくって反発のありそうな今から政治としてどこまでやれるのか。
有識者の方々からの提言を受けて、総理は他の先進国の大統領やプレミア同様に国民演説に近い形でこれからの日本をどうしていくのか、官邸主導で今こそ、全国民に真意と協力を問い、これからの日本を政治で主導して欲しいです。

報道機関とも、対話を重ねて、協力を得て、そろそろ国民団結を試み、どんどん前に進んでいかないと、スポーツと同じく、同じやり方は通じないのかもしれません。自信をもって、信念を持って、どんどん前に出てきていただきたいです。