新着Pick
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイ・アメリカン法は大恐慌の中で定められた法律で、まさに労働者の雇用を確保するための法律ではあるが、当時は現在ほどグローバルなサプライチェーンに依存している状況ではなかった。これだけ国際分業が進んだ世界で、アメリカでサプライチェーンを完結させるということはかなり難しく、こうしたアメリカ製品の部材の割合を増やすことで、結果的にはコストが上がっていくことになるが、それも引き受けるという覚悟の表れなのだろう。WTOのルールに抵触しないという説明も、政府調達合意との関係は微妙。こうした保護主義的な措置がサステイナブルな政策だとは、ちょっと考えにくいが、果たしてどうなるか。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン