[東京 28日 ロイター] - 東京五輪バドミントン男子シングルスは28日、予選1次リーグを行い、桃田賢斗はホ・グァンヒ(韓国)に2─0で敗れ、決勝進出を逃した。

桃田は試合後、「自信を持ってプレーできず、流れを止められなかった」と話した。1ゲーム目で10連続失点したことについては「流れを止められなくなってしまい、自分でもどうしていいかわからずそのまま1ゲーム目が終わってしまい、その流れのまま相手に2ゲーム目もいい勢いのままプレーされて、最後まで苦しい展開だった」と振り返った。