新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
匿名アカウントのつもりだったようですね。こうした「裏垢」で、誹謗中傷を書き連ねるというのは、残念ながら日本のTwitterでよくある使い方になっていますが、なぜこうなってしまったのかと思います。

まったく反応がなければツイートしないはずで、この種の誹謗中傷にもリツイートやいいねで、リアクションをとるフォロワーがいたのだと思います。一昔前は「便所の落書き」と揶揄されていましたが、群れになるという意味で、本質的に異なるものになっています。

「裏垢」だからこそ、過激で、差別的な表現になっていたような気がします。ご本人は、いま何を思っているのでしょうか。一時的に反省されたとしても、その気持ちはまた匿名のツイートに出てくるような気がします。この問題、根は深いです。
アカウントにかぎかけたようですがツイートも本当に酷いもので、もし社員がこんなツイートしたのがわかったら懲戒解雇ものです。契約者なので契約解除にしかできませんが、Twitterでは名前も晒されていますので仕事探しは苦労するでしょう。反省すればいいのですがかんな酷い言葉を吐けるような人間に反省するこころがあるとも思えません。
様々なことを考えさせられました。まず、ヘイトを繰り返すような人物がパプリッシャー側にも確実にいるということです。今回の匿名アカウントはあまりにも「頭隠して尻隠さず」でしたが、もっと巧妙に隠れたパブリッシャー側のヘイト投稿者がいるのではと考えられます。ヘイト本の出版は「本意じゃないけど売るために仕方なくやっている」というのが、私のはかない期待でしたが、本当にヘイトな人材がパブリッシャー側にいたことはショックです。そして、徳間書店の対応の速さにも驚きました。SNSを前がかりに常時監視していないと、今回のような素早い覚知と処理の一体対応はなかなかできません。お見事でもあるのですが、出版社のSNSへの気遣いが相当なものであることを教えてくれます。
SNSは複数使うのが当たり前の時代です。「匿名の刃」が人を深く傷をつける時代ではありますが、「匿名」も破られやすい時代にもなりました。
これ以外のTweetも吊るされていて、内容を見ると中々ひどいですね。

&GPサイト内の担当記事は削除されましたが、提携してる外部サイトには残ってる。
この編集者とは知らずに読んだ記事があるかもしれない。
そのうち削除されそうですが、こういう時に漏れなく対応するのは大変だなと思います。

『【悲報】大坂なおみを誹謗中傷した徳間書店グッズプレスの委託編集者・野田博記、契約を切られる自業自得 | まとめまとめ』
https://matomame.jp/user/yonepo665/f8ce7335b8f67162d34e

『野田博記のニュース記事一覧 - ライブドアニュース』
https://news.livedoor.com/search/article/?ie=euc-jp&word=%CC%EE%C5%C4%C7%EE%B5%AD
素早い対応ですね。
徳間書店のお知らせはこちら
https://www.tokuma.jp/smp/news/n42454.html
便所の落書き級コメントを配信するアホ

個人の誹謗中傷は許されるわけがない

しかし、こんなのを喜ぶ人間もいるからやるんでしょ
ギクッ!!
Twitterは匿名で利用中ですが、廃墟やらプラモやらのリツイートばかりですみません!
1.裏垢だろうがバレて失職する。2.企業は監視・処理対策を強化している。3.ヘイトに会いがちな人はみんなで守る。
日本で差別がないと思っている人は平和。批判するならプレーの中身、それ以外の批判は誹謗中傷、差別でしかない。