新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Google DeepMindが発表したDNA情報からタンパク質の立体構造を予測するAIは、バイオにおけるロゼッタストーン解読です。遺伝病治療やプラスチック分解酵素、農作物の品種改良など幅広い応用が期待されます。新たに生まれる研究や起業の機会について、Coral Capitalのジェームズが記事を書きました。
使い方を間違えなければ、この技術が世界を救う可能性があるということ。

(以下、記事中から引用)
従来の方法では、1つのタンパク質の立体構造を解明するために、場合によっては何か月から何年もかけて研究室で実験を重ねる必要があります。そのため、ヒト以外の生物も含めて1億以上ものタンパク質の存在が確認されている中、現時点ではまだ18万ほどしか立体構造が解明されていません。そこに現れたのが、DeepMindの開発した立体構造予測プログラム「AlphaFold」です。同プログラムにより、AIを使えばタンパク質の立体構造を数分で、しかも大量に、分子レベルまで正確に予測できることが証明されたのです。

さらに、DeepMindは世界中の人たちがAlphaFoldを活用して改良できるようにプログラムをオープンソース化し、データベースも無料で公開しました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません