新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
あれだけ足りない、足りないと言われていた日本の宿泊施設ですが、ホテル建設ラッシュに加えて、民泊やカプセルホテルなどのも一気に増えて料金相場が大きく崩れましたね(もちろん直近ではコロナですが)
基本的には装置型残業のなかで、OTAが普及したことにより価格をこまめに変えられるようになったので、需給状況が価格にダイレクトに反映されるようになってきた一方で、建設時には単価や稼働率の前提をおいたADRで収支を計算し、ローンを引っ張っているので、肝心の価格が崩れると返済が滞り身動きが取れなくなってしまっている事業者が大量にいそうです