新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
モデルナ社製ワクチンの生産遅延に関する内容は、以下のReuterでより詳しく報告されています。
https://www.reuters.com/world/asia-pacific/supply-issues-delay-moderna-covid-19-vaccine-shipments-skorean-official-2021-07-27/

Bioombergに書かれていない内容としては、
・研究所の品質確認プロセスで問題が生じた
・この問題はすでに解決されたが、生産の遅れは今後2〜4週間引き続き生じる
・韓国政府が接種キャンペーンを行っている50代、電子セクターの労働者に拡大する分に影響がある(記事の発信は韓国です)
・混乱により、(韓国では)一部の予防接種をファイザー社製に切り替えた
・韓国に影響を与えるだけでなく、製造現場からの供給を受ける国々に共通の問題である
・韓国はModernaワクチンの4000万回分を契約しており、そのうち約110万回がすでに到着している
などがあります。

また、記事からは、意図的に米国外への輸出分を調整するのではなく、海外向けの製造になっている工場での生産遅延のため、海外分に遅れが発生することが読み取れます。日本への影響は、スイスのロンザ・グループとスペインのラボラトリオス・ファルマセウティコス・ロビの分が供給されているならあり得ると思います。
「ここ数日間に臨床試験で問題が起きたためだという」は誤訳だと思います。原文を見ると、”laboratory testing issues”を「臨床試験」と訳してしまっているようです。

「臨床試験」は、ワクチンの有効性や安全性を確認するための試験を指しますが、そこに問題があったわけではありません。ワクチンの製造過程、品質管理の測定系に問題が生じ、それが修正されたという報告だと思います。

原文: https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-07-27/moderna-says-foreign-manufacturing-partners-are-facing-delays
Premiumを無料で体験
登録・ログイン