新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なかなか終わりが見えませんね。
ワクチン接種が進んだら元に戻ると思っていましたが難しそうです。
先の見えないトンネルは辛いです。
やはり画期的な治療薬が開発されないとダメなのでしょうか。
人気 Picker
感染流行を山火事に例えると、ワクチンは森の木々に塗布する強力な防火剤のようなものです。全てではなくても、9割方のほとんど全ての木に防火剤が塗られていれば、まず火の手が広がることはなく、小さなボヤでおさめることができます。

しかし、ワクチン接種を早くから進めてきた米国でも、防火剤が塗られた木は5割や6割。その他の木にはあっという間に火が燃えうつってしまいます。

そこに「デルタ」と呼ばれる火の手の広がりが早い巨大な炎が投じられました。防火剤は依然として有効ですが、この状況でゆっくり丁寧に強力な防火剤を塗り広げる作業をしていても、残念ながら間に合いません。まずは広く全体に、効果は劣るものの即効性のある防火剤を撒く作業が求められます。これがマスク政策だと思います。

ワクチンがどれだけ有効でも、残念ながら即効性はありません。また、デルタの感染伝播のしやすさの根拠も積み重なってきています。

このように、状況の変化や新たな科学的根拠の積み重ねに合わせて、柔軟に対応する姿勢が求められます。
ベイエリアではこの指針が出る前から、屋内で結構な人がまだマスクをしています(感覚値で7割強)。一方で南の観光地などいくと屋内のマスクはほぼゼロでした。地域差かなりあると思いますし、いったんつけなくてよいとなって、再度の着用指針はなかなかスムーズにいかないかもですね。。
各媒体がBreaking newsとして報道しています。ワクチンの接種率が上がったことで経済再開・マスク指針の緩和が行われた後、主にワクチン未接種者の間で感染が拡大し新しい波が立ち上がっています。昨日のアメリカの新規検査陽性者数は8.8万件です。2回のワクチン接種後に感染するブレークスルー感染もまれに生じることからもワクチン接種者も含めた全ての人でマスク着用を促しています。
アメリカで指摘される「ブレークスルー感染」は、東京の五輪選手村など、接種を済ませた人が多い場所でも懸念される点です。アメリカではマスクを着ける習慣は普段はないので、改めて着用の呼びかけにどれだけの人が応じるか。世界の感染再拡大防止の分岐点にもなりそうです。
マスクの穴の方がウイルスより大きいので、マスクをしたところで感染を防ぐことができないことは科学的な見地で明らかですが、それよりも、マスク着用で話しにくく飛沫をたくさん飛ばすことを避けるという効果を狙っているのかな、というのが個人的な見立てです。
下記記事の散布図が分かりやすいのだが、ワクチンが進んでいる米国でも、新規感染者数は日本より高い州がほとんど。
そこでのコメントの再掲になるが、ワクチンがないタイミングでも、マスクや消毒の徹底で、日本の感染者数は低かった。
ワクチンが広がっても、人口の数割はワクチンを忌避する。だから元の各国の感染確率の差と、そのワクチンを忌避する人口の掛け算で、一定の感染者数推定になるのではないだろうか。
そして、前者で日本は低いため、ワクチン接種率が低い現在で感染者が増加傾向にあっても、グローバル比較では低水準にある。
https://newspicks.com/news/6047923

そして変異種は、構造上一定の確率で発生する。どれだけ変異種が出てくるかはそういう意味ではグローバルの感染者数に依存する。
なので結局、ワクチンを使って母数を減らすことはもちろん、マスク・消毒をして感染確率を減らしていかないと、いたちごっこはいつまでも続く。基本的な感染対策がとても重要だと、改めて感じる。
ここまで明確なデータがあるのに未だにワクチン接種を拒否する人たちが多い州で感染が拡大している。集団免疫を達成しないとコロナとの戦いは終わらない。ワクチン接種を促進させるためのインセンティブやペナルティの設計は凄く重要


ファウチ博士は、国内で6月にコロナによって死亡した人の99.2%はワクチンを接種していなかったと述べた。
デルタの脅威が桁外れになりつつあり、これまで接種率の低かったワクチン接種(有効になるまでリードタイムが必要)との競争になる中、他にオプションがないと思いますが、マスクを嫌うカルチャー、CDC方針変更に対して、どこまで効果があるか、目が離せません。ワクチン証明書があっても、米国への出張は当分?かと。
デルタ株を侮ってはいけないと強く思います。よく感染にあたってのエビデンスが議論になります。GOTOはエビデンスが確認できないことを理由に進められました。ただ、因果関係を立証するエビデンスが確認できないことと、相関関係は別の議論です。そして感染症対策は、因果関係より相関関係を重視して取り組むべきです。人流が減ると感染も減ります。酒席の場が増えると感染も増えます。そして、マスク着用の国と着用しない国は、明らかに結果が違います。相関関係は厳然としてあります。私は先週ワクチン2回目を接種しましたが、担当の医師から「ワクチンは万能ではありません。デルタ株は新しいウイルスだと思ってください。これまで通りに対策を取ってください」と念を押されました。
ワクチン接種をしたとしても強い感染力を持つウイルスがある以上妥当な判断だと思います。接種後は重症化しにくいとはいえ、感染しないわけではなく、一定率での重症化は必至でしょうし身近にできる対策によって防げるならば防ぐべきだと思います。マスクは自身を守るものではなく、他者を守る意味合いが強いものなので他人を重症化させないためにもやっぱり着用は続けるべきなんでしょう。