新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
へぇ~日本でも商用の電動バスを作る会社があったんですね。

北九州市の第一交通産業さんで低価格でEVバスを導入するという記事です。

私の勝手なイメージですが、日本はEV関連の産業を諦めているのかと思っていたくらいです。

発売初年度に大きなトラブルが発生しなければ広がっていきそうですね。

よくよく考えたら、公共関連の乗り物とEVって相性良いですね。

日本ではEV車普及の難点として、充電場所が少ないことが原因です。

私用の自家用車であれば、行先により走行距離が大きく変わるため、旅先での充電場所の有無を意識しなければなりません。

しかし、バスなら行き先が決まっており、走行距離も決まっているため、バスを置いてある場所に充電器を置いて置くだけでOKですね。(充電のタイミングを計算できるため)

つまり、街中に充電場所を不特定多数に設置する必要はないということですので、相性が良さそうだなと。

ただ、毎回こういった記事を読んで思うのが、本質的な問題より目に見える問題を解決したほうが消費者ウケがいいなと。

CO2削減を考えると製造過程でEV車は大量にCO2を排出しているそうですが、実感がないため誰も気にしません。

しかし、EVを導入すると、行動レベルで変化が起きます。

ガソリンスタンドからEV充電に変わることで「社会に貢献してる」という認識を強く持てるため、CO2削減に貢献している実感が持てるのでしょう。

この分野はまだまだイノベーションが起きそうな予感がします。

▼まとめ
・価格を実現する量産型の電動バスを国内で初めて発売
・北九州市のベンチャー企業EVモーターズ・ジャパン
・全長は6.9メートル、29人乗り、販売価格は2200万円
・航続距離が3倍の230キロメートルを走行可能
・すでに地元・北九州市の第一交通産業に納入が決定している
・西鉄バスも導入を検討している
北九州ベンチャーのEVバス良さそう!以前日野に問い合わせたらEVポンチョは8000万円と言われて、普通のポンチョの1500万円の差額がありすぎて無理だな…とフランスのNAVYA ARMAに決めた経緯を思い出した。
関連記事一覧
昨年のEV電池世界市場、韓国勢シェアが倍増…16%→34.7% - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
10Picks

SUBARU初の本格EVの車名が「SOLTERRA(ソルテラ)」に決定、2022年に発売予定
TechCrunch Japan
6Picks

中国のBYDが日本の路線バスのEV化に注力するワケ | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
5Picks

テスラはなぜEV市場で競合を置き去りにできたのか プラットフォーム戦略が成否を分けた
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
5Picks

二酸化炭素排出量を減らすため ビル・ゲイツ氏は飛行機の利用を減らし、人工肉を食べる
Business Insider Japan
4Picks

ヒュンダイ水素車「ネッソ」 一回充電で887.5km走行(世界記録) - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
4Picks

米政権、連邦政府建物の炭素排出削減へ新たな取り組み発表
Reuters
3Picks

SKイノベーション、ポールスターとバッテリー供給契約MOU締結か - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
3Picks

アングル:EVと内燃車、新たな「クリーン基準」登場 - ロイター
BLOGOS - 最新記事
2Picks

“接種バス”が市内17カ所巡回 リフト付き「家にいるみたい」 長野・千曲市
FNNプライムオンライン
1Pick

Premiumを無料で体験
登録・ログイン