新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1歳から育った故郷でもある北海道で世界遺産登録が決まったと聞いて嬉しいです。
バイオダイバーシティーとしても重要なこのサイトが守られることは大切です。
素晴らしい決定です。キウス周堤墓群は千歳から岩見沢・長沼の方に抜ける道のすぐそばで、千歳に住んでいた頃は何度か車を止めて見に行ったことがあります。
日本の古代北方文化と、奄美・沖縄の南方文化のどちらも同時に世界遺産に登録されたのは、日本文化の多様性が評価されたのだと理解しています。ちなみにどちらも縁のある場所です。
世界史では移住と狩猟生活、定住と畑作生活がセットです。定住と畑作は政治権力を生み国家につながっていきます。しかし、日本の縄文時代は、定住しながらも狩猟生活をしました。定住は協力し合うためだったので、権力が生まれませんでした。協力し合う生活だったであろう事実は、骨の遺跡から分かるそうです。殺戮の痕跡がなく、障害者が老齢期まで生きたのは、世界的には極めて珍しいことだそうです。今の言葉でいるとSDGsな生活そのものなのです。渦を巻いた文様や前衛的な土器は、こうした縄文人の精神を表したものだと考えられています。まさに世界に誇れる文明です。
ユネスコ世界遺産委員会で「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道と青森、岩手、秋田の3県)を世界文化遺産に登録することが決まりました。
昨日の奄美、沖縄に続いて、本日は北海道と東北三県、本当におめでとうございます。オリンピック期間中に諸外国の国と地域から、選手や関係者の方々がいる中の朗報。

早く移動の制限が何とか緩和されて、世界中からたくさんの人たちがまた、日本の良さを感じて欲しいですね。